FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



りんごを栽培するのは、目的じゃない、

手段なのだ。

農業すら、手段に過ぎない。

しかし、なぜにその手段を突き詰めて、

りんごを栽培するのが目的がごとく生きるのか。

目的は、りんごを栽培することではない。

お金も、目的ではない。

お金は、対価であり、結果。



あっと言わせるりんごを作りたいと思っている。

しかもプラスの方で。

そして食べた時に、なんだこれ!?

って笑いながら感動してもらいたい。

その手段として、自分にしかできないことをする。



このりんごは本当に喜んでもらえるのか?

このりんごは本当に美味しいのか?

このりんごは本当に…

今年は世に出せる。

スポンサーサイト


今年のこうみつさん。

過激なジューンドロップで中心果がなくなってしまい、

側果対応したけど、割と良い出来になりそうだ。

側果でも良いってなると、結構有利です。

あとは実らせる場所だね。

中長果枝で揃えてみたい。

ツルが短いので、短果枝はちょっと大変なのが正直なところ。



三年目のところには、サッとイボリが。

今年も美味しくなって欲しい。

今年は最後まで粘ります!


摘果の遅れにより、ほぼ側果対応のこうみつ。

果たして黒くなるのか。

黒くならないと、蜜は入らない。

レッドゴールドのように。

l

まずは基本中の基本、今年は中長果枝を使って実らせる。

果実肥大は申し分ない。

というか、今年も大きすぎである(笑)

若木同然だろうから仕方ないが…。

側果でも蜜が入るのなら…

熊本にも農家の仲間がいます。

地震の一報を見た瞬間、九州に連絡をしました。

無事だそうでなによりだったが、

昨日RABで入る予定だった「ふらいんぐうぃっち」を見るため夜更かししてたら、

まさかの放送前に地震。

震度6強。

この時間に余震か!と思って起きたら、

その周辺の県まで高い震度。

ソファーから飛び起きた。

愛媛の県名を見て、

その前の地震と違うというのを感じました。

しかも次は津波も。

どうか一人でも多くの人の命が助かりますようにと祈るしかありません。



さて、こうみつさん剪定です。

接ぎ木で穂木を取っておこうと思ったけど、

やってる暇がないと判断。

新梢長穂接ぎでガッツリ接ぎ木しますがな。



素質が悪いと先端が詰まりやすいし、伸びやすいそうな。

牽制枝置いてたけど、もはや太さがね…(´Д` )

牽制枝の方が本線になろうとしてる。

昨年取っておけば良かったっていうヤツ!

こういう牽制系の枝は外して、枝を伸ばそうと思いますl



あとは今年の目標として、木を低くするってのがあります。

もちろん段階的にですが。

手が届かないところ付近は、芯を残すようにし、剪定しています。

使うところを予想して剪定。

結構強めに落として、枝を吹かせたいと思う。

かなり薄いなぁ…(´Д` )

落とし過ぎたかな?


接ぎ木のこうみつ。

背中に接ぎ木すると、穂木がめちゃくちゃ取れる( ̄▽ ̄)

とりあえず観察。





まだ接ぎ木したてだからか、りんごを実らせると弱小芽だ。

これはふじにも同じことが言える。

もしくは実らせ過ぎたのか。

とりあえずここの芽のりんごは花が咲いたら、

美味しくないりんごが実ると思う。



下垂した枝はことごとく先端が詰まる。

牽制枝を置くっていうのも考えものな品種なのかも。

ビッタビタと先端の伸びが止まってる。



赤いのが牽制枝だけど、太すぎた。

青いところが先端だけど、

ふじだったら、板柳の土だとそこまで止まらないはず。

新梢の伸びを見てそう思った。

こうみつの先端のつまりやすさがわかりました。



新梢の花も咲きやすいから、花で取るべき。

それでも詰まる先端。

先端がつまるってことは…どういう剪定をすれば良いのかな?

水の流れが先に行けば行くほど弱いのかな。

あとは新梢がこんなに詰まっていれば、

養分を引っ張って来れなくなるとか?

弱小芽だらけになるとか?

イボリのある紅玉と同じ要領で剪定が必要かも。

こうみつにもイボリはある。



ここで切り返す?

それとも強いものを徹底的に外して、先端を大事にする?

スターキングの枝っぷりだと思ったけど、

紅玉要素たっぷりらしい。

樹勢が強い時はスターキング。

弱い時は紅玉だとかね。

紅玉もこんな感じで枝が詰まってたような。

どういう反応を示すのか、今年も見ものです。