FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

100705_061235.jpg

最近うちの畑で謎の腐りかけりんごがあります。

形が悪く、お尻が茶色いのが特徴です。

割ってみると、押された後のようなものが・・・。

減農薬のツケなのか?でもうちだけ??誰も騒いでいないが・・・

100704_210114.jpg

と昨日基幹青年アルバム委員会の飲みの席で話したら、板柳の人に同じ症状があるそうな。

その人はちゃんと薬掛けをしている方なので、薬害や減農薬のツケとはまた違うっぽいです。

この謎を実はとある農薬会社に調べてもらいました。

その結果を聞く前に、りんご協会に行って聞いてみたところ、

「あぁ、灰色カビ病だな」

灰色カビ病!!

とまあカビの一種で、どうしようもないらしいです。。。

病気にかかったりんごは変形してすぐわかるそうなので、お客様のお口に届くことはありません。

正常果実との大きさも違うので、このまま腐り行く運命なのでしょう・・・。

と、そのことを農薬会社の方へお知らせしに行くと、向こうもわかったみたいでした。

だが!!そこでは!!なんと!!

「原因はジュンドロです」

ジュンドロ!!ジューンドロップ!!

まさかの食い違い!!

農薬会社はわざわざりんご研究所に依頼をしてくれたようでした。

ジューンドロップとは、6月にりんごの実が勝手に落ちる生理障害のことです。

木が勝手に適正なりんごの量を勝手に選んでくれるもんだと思ってください。

そのジューンドロップ!!通称ジュンドロ。

灰色カビも大量発生していますが、このジュンドロの方が本当っぽいです。

確かに腐っている実もあったので、それが灰色カビ病なのだろう。

しかしジュンドロって恐ろしいね。実らせるりんごがないところがあるぞ(笑)

電話で聞くと、みんな出ているそうです。

特に板柳地区は。

昭和50年代以来の大落下らしい。

天候、気温でこういうのが起きるのでしょう。

さてさて、ちゃんと今年もりんごが実るかな?

100703_172829.jpg

実はりんご新聞に載りました!

しかも一気に二枚(笑)

きったない親指が指差すところもオラです。

左側の山里にそっくりなのもオラです。

最近新聞に出まくりで、うらやましがられています。

悪いことして載ってるわけじゃないんで、まぁ嬉しいですね(笑)

人と違ったことをしているだけなので、偉くはありません。

人と同じところに自信がないからカバーしているだけですよ。

りんごの味と技術に自信があったら、ガッツリ高く売って、きっと人と違うことなんかしないでしょう。

と言っても、味と技術に自信がないわけではありませんが、やっぱり評価されてナンボの世界です。

味と技術を認められるようにも頑張らないとね!!

ってインタビューで答えたハズだー!!(笑)

全然書いてねー!!!!(笑)
スポンサーサイト