FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

101127_173648.jpg

農家をやるまでは横浜にいました。

地元に一年就職して、それから一人旅で行き着いたのが横浜だったんだ。

っても友達がいたから、結局のゴールは横浜と決まってたんだけどね(笑)

50ccのバイクでの一人旅。

50キロも走れば、4月だったから寒くて寒くて・・・。

移り行く景色、その土地での風景っていうのがあるんだな~。

それは今でも心の中に焼きついています。

死ぬんじゃないかってぐらい寒いのも、良い経験だ。

人間って簡単に死なないんだな~って思った。


横浜での仕事はハードで、めちゃくちゃだった。

朝9時には家を出て、帰って来るのは朝方3時とかも結構あったな。

一人暮らしだったから、料理する暇もなくて、袋ラーメンと外食で生き延びていました。

バイクで夜中までやってるドンキホーテに買い物しに行かないと、

買い物する暇がなくて、食うものはいつもワンパターン。

その頃は貯金も結構してたから、毎日郵便局で1000円だけ下ろして生活してたな~。

買い物したり、帰りにラーメンを食いたい時は2000円下ろすんだわ。

中国人が作る塩チャーシューの大盛りがウマイんだな~。


途中仕事がキツいく感じて、友達も地元に帰って一人ぼっちになって、

とってもダークなオーラを出す人間になって。

過労で死ぬんじゃない?って思った時もあった。

死ねばきっと労災降りるから、家族は救われるな~とか平気で考えて。

今思うと何考えてんだ自分!!と思う。

その頃よく食べてたのがこの炊き込みご飯なのだ。

炊き込みご飯の素で簡単に炊飯器で作れるんだな~。

朝にセットして、帰ると炊けてて、たまに失敗したりも(笑)

晩御飯で3合食ってたよ。

そんなに食べるから体力が意外とあって、

なかなか過労で死なないんだわ(笑)

その時の社長の言葉は忘れられん。

「夢があるやつはどんなに頑張っても過労で死なないんだ」

なるほどと思った。

希望の光が見えると、二時間しか寝てなくたって、寝てなくたって、

どっかからか力が湧いてくるんだ。


この鬱状態から抜けた時が、人生の転換期だったかもな~。

考え方と世界観がガラッと変わった。

人って簡単に死なない!まだまだイケる!

って思うようになった。

それが仇となって今ヘルニアと半月板損傷とかに悩まされることもあるが、

自分のハンディキャップは受け入れるようにしている。


「自分が死んでも、愛する家族が難なく暮らしていけるようなシステムを作らなきゃならない。」


これも社長が言ってた、すごく納得出来た言葉だ。

人生の最終目標だよな。

腰が痛くて歩けなきゃ、頭脳で勝負するしかない。

それで生活していけるような人間にならなくちゃならない。

そんなことを言い訳にしてグータラしてたら、無責任だよね。

全部時代や体のせいにしてりゃ楽だけど、言い訳だ。

これから自分に起こりうることは、すべて自己責任で、

自分の能力が高ければ回避も出来るはずだと思うんだ。

その能力を高めるために、本読んだり、勉強するんだと思う。

今の若い人の周りに、そんなことを言ってくれる人っているのかな??

それに気がつくと、ちょっと人生観変わりますよね??



炊き込みご飯を食べると、そんな時のことを思い出します。

何度死ぬ思いをして、何度その度に起き上がったことか。

七転び八起き。


オイラは死なない。

自然災害にやられようが、失敗して収穫量が減っても、

その度に起き上がってやる。

それは守らなくちゃならないモノのため。

その決意をした自分のプライドのため。

炊き込みご飯は何度もその気持ちを思い出させてくれる、

大事なご飯だ。



101127_091706.jpg


オイラのプライド。

それは家族をどんな形でも守ること。

オイラのりんごは、「大事な人を守るりんご」だ。
スポンサーサイト