FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



剪定作業も大分本格化。

干しりんごのストックも出来てきた。

この調子だと干しりんごのストックもヤバイ量が出来そうだ(^◇^;)

加工用はあと50箱のストックがある。

ジュース用、干しりんご用。



現在自分の園地には出ておらず、請負剪定をしています。

外貨獲得といったところでしょうか。

二月で自分のところを一箇所終わらせるという目標は出来なかったな・・・。

今年もまた大分遅れるのか(ーー;)

うちのお風呂のボイラーが壊れてしまい、

交換に25万、一気に掛かるそうだ。

予想外の出費。

過去に直せなかったもの、

そんなツケが今になってどっときています。


外的要因と内的要因という考え方があります。

例えばこのボイラーですが、

壊れて修理しなければならない出費を、

父親の収入不足のせいにするとします。

これが外的要因にするということ。

もしもオラが元々がんばって貯金していれば、

今困らなくて良かったのになぁーと思うことが、

内的要因にするということ。

人間誰しも人のせいにしたがりますが、

そこをあえて自分の内的要因だと思うようにしましょう。

そうすると怒ることもなくなるし、

衝突もなくなります。

ということを先輩と話しながら剪定をしておりました。

子供がコップに牛乳を一人で移そうとする。

それに対して、「こぼすからダメ!」

と叱ったりするのも外的要因。

こぼしたら一緒に拭けば良いんです(^o^)

人を傷付けたり、物を粗末にしたり、

子供にはそういう時くらいしか、怒ることってないんですよね。

この内的要因、外的要因の考え方、

とても大事だと思っています。

もしも人のせいにする自分がいるのならば、

考えてみてください。

自分が変われば世界が変わるんです。

剪定もしかり。

りんご栽培もしかり。

良いりんごが出来ないとしても、

りんごのせいではありません。

生産者のせい。

作業が間に合わないのは、

従業員のせいではなく、

上手く教えられない、動かせない、経営者の責任です。

だからといって従業員には責任はないかと言われたら、

その言葉を鵜呑みにするのではなく、

従業員もまた内的要因を考えてください。

上司に叱られて腹が立つ!

否定されて嫌だった!

ではなく、自分に落ち度はなかったか、

考え方は間違っていなかったか、

などなど。

この内的要因、外的要因が上手く出来てこそ、

本当のWIN&WINが成立します。

しかし一体誰に勝つのか。

それは今までの自分だと思います。

負けないから、WINなんですね。

スポンサーサイト