FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



枝変わりの前に、なによりも樹勢コントロール。

左が適正な樹勢で、右が強樹勢。

りんご農家が見るとわかるが、

どちらも赤いが、右は絶対に美味しくない。

地色が青い。

蜜は入らない。

蜜が入ると美味しいと思われているのは、

このことが大きい。

一般的な慣行栽培だと、この差で美味しさがわかる。

これが一般的な選び方。

その次にあるのが、イボリだったり、形だったり。

そこでもうワンランク上のりんごを選べる。

さらにその上の選び方、育て方があるのかどうか…。

今の自分にはわからない。

でもあるとするならば、

りんごの実っている環境かなー。

土、木、枝。

自分の技術をどこまで果実に還元できるだろう。



葉取りいらずだ(^_^)

葉取らず栽培の究極は、葉取りいらずだと思う。

上の写真の青いほうは、いつまでたっても美味しくはならない。

色は付かない、地色はあがらない。

葉取らずをやっても、やらなくても、

美味しくない…( ̄▽ ̄)

青実である。

ちなみにこういうのを干しりんごにしようとすると茶色くなる。

自分ちの加工にもしにくいんだ。

木が折れたり、剪定で切りすぎたり、

肥料の窒素成分をあげたりするとなる。

ずっと前はこういうりんごだらけだったなー。

懐かしい。

今もあるけどね。

りんご栽培の難しいところだ。

我が家は贈答用の出荷が少ないので、

中玉小玉メイン、たまに大玉っていうのにしてきている。

美味しいものを生産したいから。

大玉が絶対に美味しくないかと言われると、決してそういうわけではない。

大玉には、小玉には出せない華やかさと、風格がある。



お母さんが違いに一番気がついている。

ここはやっぱり系統が良いふじなんだねー。

14年木はほとんどが真っ黒で、つる割れがない、協会選抜だなー。

育ててみても、割と果形が良い。

葉っぱを取らなくても、着色が良いふじって何個かあるけど、

ある程度の着色系であれば、

かなり良い線まで行くのかな?

でもそれだと死に近付き過ぎて、良くないのかな。

悩みは続く…
スポンサーサイト