FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



東京から帰ってきて、仕事しながら半日休みを頂き、ようやく本調子。

車で行けるところの園地で剪定。

工事の影響でここまでは園地にすぐ行ける。



今日は下山康祐さんと、五所川原地区4Hクラブの会長の三浦憲さんが来ました。

隣町鶴田ですが、たまに来てくれます。二人とも園地自体は近いので。

説明して切ってって言われなくても、

切る時はつたないですが説明して切ります。

うちに来たっていうことは、そういうことなんでしょう(笑)

腕を見に来たはず。

あとは最近思ったことでしょ。

畑でしか思い出さない話ってのもあるんだよね。

今回は無肥料の限界の話をした。

りんごを見て、小玉化したことを話した。

剪定と摘果で出来ると思ってたんだけど、

今の自分にはまだまだでした。

出来ている木、出来ない木がある。



自分の園地を終えて、その後4Hの後輩の園地へ。

みすぐり会でも一番真面目なやつだ。

わい化の剪定をしていて、

説明しながら切ってもらった。

就農2年目でも、切れるんだな。

やはり本気度が違うなぁ。

だから話をしても面白い。

仕事中の後輩には悪いが、

二時間くらい立ち話してしまった。


後輩もオラと近い不満があるみたいだ。

どうやらもっといろんな農家を見たいらしい。

でもみすぐり会では、それを許さない風潮がある。

許さないわけじゃないけど、

そんなことしなくても良いじゃん的なね。

オラが会長でなので、そういう声を反映していきたいが、

会の運営というのは総意です。

会長がやりたいことだけをやるのも違う。

会員の一人の話を聞くだけも違う。

会長をして出した答えが、導くということ。

会員みんなが、そんなことしなくても良いんじゃね?

な想いなら、それを優先する。

しかし、地元の仲間がそれだとダメだと個人的には思うから、

いろいろ仕掛けていく(´Д` )

そういう後輩も少数でもいるんだから。

2月7日の剪定会は仕掛けて行った方だ。

総意とは違うだろう。

やっぱ覚えてもらいたいことが、たくさんある。

気づいて欲しいことがたくさんある。

勉強するのって、若いうちにしか出来ないことだ。

今を無駄にしないためにも、

やる気のある後輩がいるうちに、仕掛ける。

役職が大きくないと出来ないことがある。

会長にならないと、出来ないことがある。

剪定会を変えれて、自分の色を出せたかな。

7日が楽しみです。
スポンサーサイト