FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



ふじ実すぐり(´Д` )

ここはいつもふじで一番先にやる園地。

今年は剪定士になったばかりの藤川先生に剪定してもらいました。

ブロックごとに教わりながら、質問しながら、

時間を掛けて剪定しました。


昔、どう思って、どう剪定したらこうなったかも説明。

まんず言い訳ですね(;´Д`A

無知とは恥ずかしいもんだ。


よく書いてるけど、

昔はこんなりんごが多かった。



ツル元がぶにょんってなってるヤツ。

それなりに大きくはなるし、今見ると大きいんです。

でもこんなのはイボリは上がらないし、美味しくならないと思ってます。

果台枝あがりの枝じゃない、

生枝とかにも多いですし、

背中に出た花でも多いです。

これは果台の部分が長いので、典型的なこういうりんごが実りやすい枝。

昔はこういうのを取ると、なんもなくなるレベルでした。

強剪定、生枝。

栽培が下手くそな時代です。



全部美味しいりんごを作るのは難しいけど、

美味しいりんごを選ぶ努力はしてきました。

これは今では摘果します!


剪定も昔よりは上達したのか、こういうりんごが少なくなりました。

お母さんにも安心して摘み取ってくれとお願いできます。

剪定技術は時間が掛かる(´Д` )

すぐには結果が出ないもの。

さらに摘果などの管理も違えば、来年の結果もまた違う。

剪定と摘果はリンクしています。

どうでも良い栽培をしてたら、きっと残すんでしょうね(´Д` )

りんごは金の成る木だと思って、先に収入を意識するのではなく、

根本にある、理念のような、

「美味しいりんごを作る」

ということを先にすると、きっと日頃の管理や考え、栽培も変わるでしょう(´Д` )

りんごのメカニズムを、勘や雰囲気ではなく、理屈を科学的に考えたい。

もっとりんごを見ないといけない。
スポンサーサイト