FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



夏になると、「教える」ということが多くなる。

しかも大人にではなく、子供達にだ。

子供に教えるというのは、

もう十数年やってるが、なかなか上手く教えられない。

これはりんご作りに似ていて、ゴールも正解もない。


今回は町民プールで中学生に飛び込みの方法を教えました。

大人になってわかったけど、

録画すればめっちゃ理解出来るんですよね。

自分の悪いところが丸わかり。

という訳で、子供達の飛び込みを録画して、オラのも録画。

そして改善。

この繰り返し。

するとみるみるうちに良くなった。

これは嬉しい!

過去にも何回かあったけど、

今回の教え方は上手く伝わったみたいだ。



教え方って、その人のいろんな経験がモロに出るもんだと思う。

もちろん教わる方の技量にもよるとは思うけど。

技術がある=教えられる

って訳ではないですよねー。

それを伝えるには、自分がどのように理解しているのかを、

まず自分が知る必要があると思います。

自分を知るということです。

水泳の場合だと、どこに力を入れて、どこの力を抜くかとかか。

やって覚えたのでっていうのは、教える時にはすんごく邪魔。

どうやって覚えたかが重要ですよね。

そこまで到達したメニューや指導、コツなんか。

自分は中学生の時に、新しくなった中学校のプールで、

スイミングではやらない飛び込みをいつもしていました。

部活ってよりも、遊びですよね(笑)

ビート板並べてその上を歩いたりとかね(´Д` )

結果を出すから何も言われなかったけど、

相当フリーダムだ( ̄▽ ̄)

でも自由なおかげで、練習ではなく、

プールを楽しむっていうのは出来てたのだ。

水泳部同士の鬼ごっこは異常な潜水活動。

なので、本番や練習でも潜水の部分が早くて、それは今でもです。

今はそういうのってしないんだろうかね…(´Д` )

毎日町民プールに水泳部が来てるけど、

とにかく水の中で活動して欲しい。

そうすることが覚える近道だ。

もちろん人のを見たり、練習もしなくちゃ意味ないけど。

そうじゃなきゃ、町民プールに毎日来ている子供の方が

泳ぎが早いってなっちゃうわ(笑)



あとはクイックターンだなー。。。

飛び込みはかなり良い線までいってるんだが、

クイックターンはどんなに教えても上手く教えられない…(´Д` )

でも来ているうちにきっと教えてみせる。

そのためには、iPadを水中に入れても良いや(´Д` )

クイックターンかー。

小学校の時、息継ぎなしで何回連続で回れるか勝負したなー(´Д` )

それか。

それやるか∑(゚Д゚)

今までやった経験が、今までになかった教え方になるのかもしれない。

ならないのかもしれないけどな(´Д` )

教えるというのは、奥が深いというか、

ずっと悩むことだと思う。
スポンサーサイト