fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



クラフト小径。

地元板柳の屋外で行われているクラフト展です。

革製品、木工工芸品、ガラス細工。

こういうの好きなんだよなー。

自分はというと、



あおもりの地鶏を使った焼きそば焼いています( ̄▽ ̄)

妻のお母さんの実家でもあり、働いている会社なんですが、

地元でやるってことでお手伝い。

顔広いので、知り合いに声かけて販売しまくりです。

お手伝いして6年くらい。



一年に一回やるかどうかですが、

焦げ付かせないで焼くので、重宝されてます( ̄▽ ̄)

従業員には会津さんっていう方もいて、

名字が同じなので、可愛がられているっていうのもあります。

売り先を何件か紹介してもらったので、

断れないし、こういうの好きだから、忙しいけど断らないよ(=゚ω゚)



初日は多目的ホールあぷるで懇親会。

出展者が帰りにお土産を購入する場所がないってことで、

とれたて市を7時までオープンしてます!と宣伝してきました。

人前でしゃべるのは慣れないもんだー(´Д` )

その成果はあって、お客さんがとれたて市に結構来たそうだ。

従業員に残業代出るくらい売れて良かったー( ̄▽ ̄)

写真はあおもりで革製品を作っているcanoeカヌーさんのもの。

緑のは結構前にあおもりマルシェで購入。

もう一個は今回ゲットしたものです(=゚ω゚)ノ

りんごの枝も付いているのですが、その枝の注文を頂きました。

どの部分が良いのかなー(´Д` )



クラフト小径では板柳高校の生徒さんが、

干しりんご入りクッキーを販売。

まさか!?

そううちの干しりんご入りです(笑)

この干しりんごは高校生に卸しています。

最初は協力しようと思って、提供したかったんですが、

それだと販売する高校生の成長にはならないと思い、

卸すことでOKしました。

原価ではなく、ガチで利益を乗せた卸値です。

そこから考えて、販売価格を考える。

うちらと同じ目線に立って、

初めて即戦力の人材が育つのではないかと思いました。

高校時代にこれを教えてもらってたら良かった!

とか、

社会に出たけど学校で勉強したことって何も役に立たないじゃん!

って思ったもんです。



これから学生が考えたアイディアを商品化させていきます。

ここからは学生達とアイディアの出し合いと意見の擦り合わせ。

そして一つのカタチを作っていきます。

商品創りに妥協はありません。

徹底的に作り込みます。

お金の話をガンガンするので、もしかしたら学生は萎えちゃうかもしれません。

販売するのはうちなので、

生半可な気持ちで商品を作られても困る。

その代わりに本気で良いモノを作り上げます。

ワクワクして楽しかったことが、苦痛になる瞬間なのかも。


「高校生が作ったから話題になる」

とか、

「学生が頑張ったから売れる」

とか全く思っていません。

なぜなら、オラはそれくらいじゃ買わないからだ( ̄▽ ̄)

「あの◯◯も絶賛!」

商品のPOPにそう書かれていたら、

なんか買いたくなくなる(´Д` )

宣伝文句がそんなことしかないのかって思うんだよね。

それにおんぶに抱っこで商品が売れるのが、絶対に嫌だ。

あくまでもターゲットがいて、

コンセプトを構築していったモノが商品だと思うから。

不特定多数に販売する商品を作りたくはないなー(´Д` )

一ヶ月掛けて学生さんと話し合いしようと思う。

本当に商品化したい人だけでやろうぜ( ̄▽ ̄)
スポンサーサイト