FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



ブログの更新が遅れてしまって申し訳ありません。

今まで以上に追い詰められ、追い詰めている結果です。

また交換大会の話を。

終わったあと、全協同期の大林さんが泊まりにきた。

滋賀の若手二人と共に。



農業法人で勤務していて、近江牛を飼育しているそうだ。

弓削田さん。

あとは関西ブロック理事のたけぽん。

なんかそうそうたるメンツだ。

大林さんは最近だと自民党との意見交換に出席していましたね。

付き合う人は、年齢関係なく、

レベルが高いというか、知識人が多くなりました。

話を聞いても、ポカーンとしてしまう(笑)



そして!!

昨年まで今の自分のポジション、副会長をしていた、

佐々木さんと安丸さん!!

佐々木さんは島根県で、お茶を栽培しています。

安丸さんは「はらぺ娘」という北海道の女性の農業団体を作り、

女性の地位向上を目指し活動している農家です。

この副会長は全協同期で、もう5年もいるそうです。

あとはうちの青森から一昨年まで副会長をしていた工藤康紀さんも同期ですね。

この3人が全協の重要人物でした。

本当にこの御三方には一年ですごいいろんなことを教わりました。

全国には、とんでもない農家がいると思い知らされたのは、

この全協のおかげですね。



全協と言ったら、清野耕司さん。

青森の大規模りんご栽培で、葉取らず栽培の先駆者です。

この先輩の代わりにはなれないけど、代わりに入ったような感じ。

清野さんも工藤さんも、長くいた意味がわかった。

清野さんは早く辞めたがってたけど、

いてくれとお願いされ続けたらしい(笑)



本当に尊敬する人ばかりだ。

話をするだけで感動が止まらない。

たまにはアドバイスを受けるけど、

とても重みのある言葉を言う。

そんなみんなが大好きだ。




次の日は園地視察。

まずは大林滋賀チーム。

大事なのはりんご農家じゃないってこと。

一般消費者と同じだ。

窒素リン酸カリなどの専門用語くらいしか共通点はない。

それでタイムリミッドまでりんごの話を。

そこにいる自分は、いつものおちゃらけた自分じゃなく、

りんご農家会津宏樹です。

面白く、真面目に、分かりやすく、顔を見て、

その場に合った説明を心がけてます。

この説明は誰にも負けたくないね。

磨きをかけたい一つの分野だ。



こうとくと北斗を試食してもらいました。

ズバ抜けて美味いのは食べさせられなかったなー…。



午後はこの副会長達を受け入れ。

同じ説明をしました(笑)

しかし良い同期達だ。

長年一緒に仕事をしてれば、

顔を合わせなくてもこんな仲良くなれるんだね。

年間5回会うか会わないかなのにさ。

3月の農業者会議が終わると、異常に心が通じあえる。

でもそうなれば別れの季節がやってくるんだ…。

せっかく仲良くなったのに、そこで役職交代とかある。



力量は人それぞれだけど、

努力の分だけ通じあえるのだろう。

命がけになれた分だけ、魂と魂がつながるんだと思う。

この三人の魂の結束は羨ましかったなー。

見ていてグッとこみあげるものがある。

スポンサーサイト