FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



久しぶりに技術に関して。

接ぎ木です(´Д` )

この枝、接ぎ木をして、そのままなり枝としてりんごを採っていた枝。



数年掛けて伸びた枝だと分かるような枝。

そしてぶっとい花芽。

こういう枝に実らせることで、傷のない、高品質なりんごを目指します。

そして接ぎ木したこの枝自体は、ブラブラする柔らかい枝。

じゃあどうやってこういう枝を作ったか。



背中に接ぎ木したものなので、普通は樹勢が強くなりそうなものです。

この枝はなんで下げることが出来たか。

なんで下がったか。



それよりももっと手前に接ぎ木をして、そこに牽制枝を作ったのが一つ。

その牽制枝の脇からも、素質の良さげな柔らかいなり枝を下げてます。

接ぎ木をしたのは5年前。

とにかく割と元の方の背中に太い枝を置いたり、

細かい枝単位でも、強い枝をおきました。

接ぎ木は一挙更新だったので、3年はりんごが取れませんでしたが、

ここ数年は剪定を抑えて、枝の牽制により、

りんごの花芽やなり枝充実を図りました。



形ばっかり追いかけてたけど、本質が全く分かっていませんでした。

今でももしかすると分かっていないのかも知れないと思いながら、

木に向かっています。

そういう考え方が与えてくれた、良い「機」だと思います。
スポンサーサイト