FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



自分は人見知りだ。

とにかく自分から話しかけていけない。

今日はスリランカの大使との懇親会がありましたが、

肉ばっか食っていました。

最初の席順ってスゲー重要。

正直そっから動きたくない。

酒を飲まないから、酒を注ぎに行く文化もない。

マナーなので、ハッと思いだしていきますが。

そのくらい人見知りです。

でも、人と話すのが嫌いなワケじゃありません。

人と話すきっかけを作るのが苦手なのだ。

先日の4Hクラブの東北ブロック会議。

懇親会の席で座ろうと思ったが…

蔵王の3分の1の田んぼを作る、多分東北でもかなり有名なクラブ員、

関口さんの向かい側が空いていました。

顔を合わせたことがあるのは片手で数えられるくらい。

普通だと圧倒して他に座るのだが、

勇気を出して向かい側に座りました。

座った瞬間は、あー、座っちゃった((((;゚Д゚)))))))

おっかない人のところに座っちゃったー!(笑)

くらいで座りますが、

今までもそうして自分はいろんなすごい人の話を聞いてきました。

知っている人じゃなくて、敢えて知らない人を対面に選ぶ。

話すとそれはもう想像を絶するような話が出ました。

関口さんの勉強家ぶりは、知っている農家の5本指に入る。

米メイン、野菜もやりながら、新しい作物に挑戦しつつ、

果樹などの知識も豊富。

りんごの品種も言えるし、

りんごをこうした料理にも使えるよねっていうのを提案してくる。

「俺は美味しいものを食べたいだけ。

美味しい料理は、美味しいモノがないと出来ないでしょ?」

当たり前だけど、純粋に心を射抜かれた。

様々な料理ネタを提案してきた。

原価度外視だけど、そのチャレンジ精神から、いくつも料理が生まれるんだろうなと思った。

原価を決めて、高いから売れない

とかじゃなく、美味しいモノを!という思いで作り続けるから、

モノになるモノが出来ると思う。

あー、いつの間にか、これは売れる、売れないで、作ってたかも。

花嫁のりんごは、正にその典型的。

売れる売れないは関係ないんだよね。

席を移動して、いろいろ話すと、

自分の花嫁の話を知っている人がいました。

もう4年も前の話だけど、

そのとき初めて東北大会に参加したそうな。

自分も同じ。

そのときは自分は意見発表に出ていました。

目の前の料理に、当時一緒に意見発表をした伊藤さんっていう方の豚さんが出ていたらしい。

いろんなところで繋がるねー。

あの時の意見発表では、本気でりんごを文化に根付かせたいって思っていました。

その思いは今も変わらない。

あの花嫁のりんごは、4Hに関わることの原点でもあり、自分の農業の軸でもある。



ようやく芽が出た。

また再び増やすよ。

目標は100箱です!何に化けるか楽しみ。
スポンサーサイト