fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

我が町「板柳」は、朝6時、昼12時、夕方5時、夜の8時になると「ふるさと」が流れます。

今日は久しぶりに夕方5時過ぎまで剪定をしました。

5時になって町中にふるさとが流れます。

そしたら師匠が剪定しながら小声で歌い出したんです。

夕日を背に、歌う師匠になぜか涙が出そうになりました。


師匠もオラと同じ歳の時に農家をやったらしく、元々溶接、大工、なんでもやっていた工業人です。

オラも形は違いますが、工業高校出身でペンキ屋をやっていて、同じ境遇でした。

更にそれまで関東に居て、それもまた同じです。

どんな気持ちでふるさとを歌ったんでしょうね・・・。

オラは横浜に居た頃、友達が一人もいなくて、よく仕事が終わって歩いて帰る時に、

よくこの「ふるさと」を思い出して歌っていました。

小さい頃から聞いていたあの歌。

その当時、この歌を歌ってわかったことがありました。

「あー。あんなに出たかった町だけど、こんなに思い出す程良い町だったんだな・・・。」

このふるさと、師匠にとってはどんな歌なんでしょうかね?

Image028~00


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aizuhirokirinngoenn.blog73.fc2.com/tb.php/12-307c31e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック