FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



今年で3年目。

明治大学農学部の学生がファームステイにきました。

彼らは食料環境政策学科で、農学部ではあるが、理系ではない。

つまり、農業の技術を学びに来たわけではない。

さらに言えば、その農業を取り巻く環境に興味があるのだ。

他の受け入れ農家はこの受け入れをどうしようが構わないが、

自分のところに来たら、

農作業もオラが2日分働くのと同等のことをしてもらう。

もちろんそのために、どうやったら同等の仕事をこなせるのかを考える。

例えば、葉取りだと、ハシゴを使わせないとかね。

下の手の届くところをやってもらうと、

ハシゴを掛ける手間がなくなるから、

ハシゴを掛ける場所に悩むこともない。

ような感じで、誰でも出来るような仕事ではないが、

幾分かは誰でも出来るような作業に変えてあげることで、

かなり戦力になったりする。

話をしてても、手は止めさせない。

そして質問攻めにする。

自分が興味がありそうなネタが出るまで質問攻め。

そうすると面白いことに、大学というところは、

3年にもなると、専門のことしか勉強しないらしい。

1人は簿記を勉強を選択したり、

興味がなければしなかったり。

超面白そう。

どんな勉強をしているのか、ずっとそればっかり聞いてた。

学生はとても良い情報を握っている。

が、それが農家が知ってたり、当たり前だと勘違いして、

言えないこともあるみたいだった。

iPadを持ってるから、スマホでクラウド会計をやってるもんだと思ってたらしい。

残念ながらまだそのレベルじゃない。

そういうところを勉強している奴らだから、

大いに聞くことはある。



仕事もある程度したら、観光もさせる!

それも大事。

青森にまた来たいって思ってもらいたい。

会津さんに会いたいって思わせるために。

若い時はいつもだったけど、

ドライブしてる最中が一番盛り上がるよね。

この時間を大切にしたい。

どれだけ彼らから吸収できるか。

年下だろうが、関係ない。



恒例の20人越えの懇親会。

学生からいろいろ吸収出来る仲間を集めました。

良いところを見て、良いところを伸ばしてくれて、

悪いところは指摘する良い仲間達です。

そしてバカ騒ぎもしてくれる。

脳みそも大学レベル(笑)

だからなんでも吸収したがる、向上心の塊。

影響を受けて、影響を与える、そんな人たちです。



最後の最後の片付けまでしてもらう。

そんなブラック受け入れ農家です。

そこまでやっての研修です。

初日ももう1人の受け入れ先と合同で飲み、

2日目もこうやって大人数で飲む。

1人から吸収することなんて限られてる。

いろんな人とこうして飲むことで、学生はもっと吸収出来るんじゃないかな。

対談じゃなくて、ディスカッションを見せるのも大事なんです。

合同飲みも、最初は農家は農家同士だったりしてたけど、

後半は農家も学生と混じって良い具合に良い話が出来ました。



市町村を超えるのはいけなくない。

せっかくうちに来たのに、

オラよりもすごい人は沢山いるのに、

それを見ないで帰るのは、もったいないです。



やりたいことがまだ定まってない彼ら。

良いじゃないか、定まってなくて。

何にでもなれる。

日本の組織の会長だってなれる。

全ては手を上げて、否定しないで受け入れて、

いろんなことに首を突っ込んで欲しい。

彼らに説明するときに出た言葉、

よくよく思い出すと、先輩から聞いた言葉ばかりだな(笑)

それだけ、人生を変えられる人に会ったんだよな。

すごく、沢山、自分の言葉にした、先輩からの言葉を伝えた気がする。

自分にとっても良い気付きと、良い経験でした。
スポンサーサイト