FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関東遠征の期間はずっと天気が良かった。

お母さんには本当にいつも頑張ってる。

しかし、お母さんは車の運転ができない。

そして、どこかに行くにも移動手段もわからない。

面倒くさがって、行きたがらない。

行きたいところは山ほどあるのにね。

免許があれば、どこにでも行ってるわ!

とよく言うが、本当にそうだろう。

せめて関東に来た時くらい、

近場で行けるところに連れて行きたいと毎年思っています。



お母さんの実家の宗派、日蓮宗の総本山。

身延山の久遠寺だ。

大本山の池上本門寺には何回も行ったことがある。

それこそ21歳の就農する前も、

川崎でフェンダーのストラトを買った後、帰りに寄ったんだなー。

懐かしや。

池上本門寺は東京にあるでかいお寺です。

日蓮聖人が亡くなったところだ。

そりゃー身延山のような過酷なところにいれば、

具合も悪くなるわ…(°_°)

熱心な仏教徒、宗教家ではないけれど、

勉強?興味を持つと面白い。

自分は建造物が好きなのかも。

大きな建造物。



大きなお寺の柱は素晴らしい。

こんな太くて立派な木を贅沢に使っている!

そして、この規模だ。







本堂の中は撮影禁止なので、さすがに撮れなかった。

お母さんが一生に一度で良いから行ってみたいと言っていたのを、

19の時聞いていたのを覚えていた。

10年以上経って、叶えられたよ。

山梨…遠い遠いところです。

青森から900キロ。

若い時は、行けるなんて想像もしなかった。母親もね。

でも、行きたい!言ったことが良い。

言わないと、オラは連れて行こうとも思わなかったわけで。

新宿から高速バスも出てるし、

電車でも行ける。

高速バスを使えば日帰りも可能だし、

2万円あればお釣りが来るレベルでした。

全然行けない場所じゃなかった。



出発する前に調べたら行けそうだったので、母親と相談。

ノリノリで決定。

望めばどこにでも行けるさ。

欲しいと思ったものは手に入るさ。

なりたいモノにもなれるさ。

その間、努力したり、耐えたり。

特に寺なんかだと、仏さまが導いてくれるってもんだろう。

行けるさ。









ロープウェイに乗って、奥之院へ。

奥之院…俺の屍を越えてゆけってゲームも、

こんな感じの場所があったなー。

奥之院、思親閣。

日蓮聖人が、ここから遠くの故郷にいる両親を思っていたそうだ。

先祖を大切にしてるというよりも、

子供として、親を思うという印象があった。

宗教って、そういうもんだと思う。

先祖を大切に思うのが大事で、上っ面で祈ってても意味がない。

でも毎日祈っていれば、それが身に染みついて、

その考えが出来て来るというのもある。

感謝の気持ちを持つとかよく言うが、

信じている人に限って、全くなってない。

おいおい、それが本当の仏教徒の姿かよ…と思う。

どっかの社長さんが、一日一万回ありがとうを言っていると聞いたことがある。

そうすると本当に感謝が出来るようになるそうだ。

自分もスプレヤーを洗ったり、掃除をする時はよく呟くようにしている。

ありがとうございますの言葉を言いながらすると、手を抜かなくなるんだよね。

こっちの方が、よっぽど心が落ち着く。

現代版の教えのような気がする。

仏教が悪いわけではない。

大切なのは根本だよねって話です。

先祖が大切って思ってるんじゃなくて、

先祖は大切っていう前提でいることが大切なんでしょうね。

感謝の念を持つのが大切なのではなく、

感謝の念が常にあるのが大切なのでしょう。

そうすれば、喧嘩はなくなるんだよね。

そう思ったら、形だけの宗教は何か違和感を感じるようになりました。

自分は親を大切に思っています。

じゃなきゃここに連れてこなかっただろう。

でもこれは自分にとっては当たり前の行動です。

常に親を思っているから。

愛情とは、そういうものです。

感謝の念も、先祖を思う気持ちも、

宗教ではなく、愛情です。

愛という一文字を伝えるために、

昔は仏教っていう教えがあったのだと思う。

お経も、ラブソングだ。

とりあえず、お母さん、お疲れ様でした!

また一年頑張って良いりんごをつくろう!

そしてまた行きたいところに行こう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。