FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、日経主催のAG/SUMに参加、登壇してきました。

アグサムは、アグリテックサミット。

アグリテックとは、農業とテクノロジーの融合です。

例えば、田んぼの薬剤散布をしている、ラジコンヘリ。

1000万円くらいするのですが、

その代わりとして、ドローンで薬剤散布をしたり。

水田の水の開け閉めの自動化。

しかもスマホで管理。

さらに温度を図るボートも自動。

それもスマホにデータが送られる。

これが最新の、アグリテック!



次世代が作る、新しい農業のカタチ。

小泉進次郎さんをモデレーターとして、

慶應義塾大学の神成先生

日本総合研究所の三輪さん

エムスクエア・ラボの加藤さん

そして私で登壇し、上記のテーマで新しいカタチを語りました。

見てくださった方にはどう映ったかはわかりませんが、

全く段取りなし、台本なし、ぶっつけ本番でした。

でしたが、さすが小泉さん!

しっかり方向性を見出して、進めることが出来ていました。

本当にスゴイの一言。

アグリテックは、農業業界っていうより、

アグリテック業界なのですね。

自分は農業者のことは知っているけど、

アグリテックの人たちのことは何も知っていなかったんだな。

アグリテックの人たちは、みんな知り合いっぽくて、

既にたくさんの繋がりがあるようでした。

そりゃみなさん、東京にいらっしゃればそうですよね(笑)

今回は全協会長で登壇しましたが、

やはり会津宏樹はりんご農家であり、

野菜農家でもなければ、米農家でもないので、

りんごのことの方が詳しいのです。

話もりんご中心でした。

りんごはまだまだアグリテックが応用されていない作物だと思います。

今日も面積を計算するアプリを教えて欲しいと連絡があった。

自分も聞いてただけですが、そのまま教えてあげました。

青森だとりんご農家が多い。

アグリテックの良い情報があって、

りんご栽培が効率化されたら、

広がり方も尋常じゃない。

が、お客になる数も、限られてるので、

ビジネスにはなりづらいかな。

野菜なら全国ですが、りんごは一部的ですから。

これからは、この力を使い、一人辺りの生産量や品質をあげて、

所得向上を目指すというのは、絶対に必要なことだと思います。

自分がもう一人いたらと思うと思います。

自分も昔思いました。

完全に同じではいけませんが、

誰でも自分並みに仕事が出来るように、生産効率を上げたいです。

最近眠い。

身体が疲れてるかなー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。