FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

CARMOFLE.jpg

今日はニューファーマーズカレッジという若手育成の研修機関で講師をしてまいりました。

その講師の内容は、

「ブログをやってみよう」

とのこと。

このIT時代を生き抜くには、いまやブログぐらいやってないと!!

時代の波に乗ろうぜ!ってやつです。

生の声を聞くのが一番だろうということで

現役農家でブログを更新しているオラが頼まれたというわけです。

進行は思いっきり右側にいる普及指導員の野呂さんです。

オラはただのサポートに回りました。

打ち合わせなしで。


一応五所川原工業高校のエキスパートな電子機械科卒業で、

ITから溶接、ロボット操作、電気工事、簡単なプログラムまでなら自分で可能です。

いろいろ資格もあります。

当時は「中途半端な科」って言われてましたが、

うちらの時あたりからエキスパートがたくさんいました。

もちろんオイラはそのエキスパートの中に入りませんが(笑)

5つの科がある中で、資格取得に力を入れていた科でもあり、

放課後残って勉強、昼休みに勉強、ていうのが、

勉強好きにさせる一つの要因でした。

今でも勉強が好きです。

自分の足りないことを補うって、すごく大事ですよね。

ヤベ、なんかエキスパートの中に入ってそうなこと書いてる(笑)

でも今までの積み重ねがようやく実になってきたかな?

CA4QQOXW.jpg

教えるのって初めてだったけど、難しいもんですね。

みんなの前で話せる野呂さんもスゴイと思います。

パソコンの扱いが慣れてない塾生さん達もいたので、

サポートメンバーがもう一人欲しかったですね・・・。

オイラの役目かどうかわかりませんでしたが、個別サポートして歩きました。

CA1EXALQ.jpg

最後の30分はオイラの時間で、自分のブログがどう役にたっているのかなどを語りました。

人数は10人ぐらいでしたが、その前で話すのはいっぱいいっぱい。

本当に何を話して良いのかわからず、みなさんの目を見て話せませんでした。

自分よりも知ってそうな方もいたし、下手なこと言えないプレッシャーもありましたよ。


みんなの前で言いたかったのは、

ブログっていうのは、自分の表現の手段ということ。

自分のやりたいこと、やってることを、

みんなに評価してもらうところだと思います。

あなたの考えに賛同してくれる人もいると思いますし、

逆にアンチになる方もいると思います。

無農薬賛成派、反対派みたいにね。

反対派の人のブログを、賛成派が見てたって、面白くないじゃないですか?

反対派は反対派だけに偏っちゃいますよね。

だからというわけではありませんが、

オイラは自分のやること、考えることは、常に中立なことを目指しています。

賛成派、反対派なんかには絶対に偏りません。

自分の行動と考えの幅が狭くなりますから。

人ってみんな十人十色。いろんな考えがあります。

その考えていることに興味があって、

考え方が自分の人生の参考になれば良いな程度で聞いています。

オラの中にゴールはなくて、常に知識と考え方が欲しいのです。

だからいろんな人と話し、その人を知り、自分に足りないものを補おうと思っています。

オラは造られて間もないサイボーグ。だから人間を知りたい。

みたいなね。

不完全な人間と認めているからこそ出来る考え方でもありますが。。。

人前で話すより、人の話を聞くほうがオラはずっと好きだわ~。

ということを口に出して言いたかったけど、上手く言えないんだよ(笑)

参考になってれば良いけど・・・。

まぁ、言いたいことを一言で表すなら、

偏るな!広い考えを持て!ってことですね。


講師の仕事を終わらせた後、母校の五所川原工業高校に行ってきました。

100%の確立で生徒は挨拶してくれます。

そんな生徒指導が行き渡ってる学校なんですよ。

髪型がメッチャクチャ厳しかった覚えもあります。

卒業生がちゃらちゃらした格好で来たら、追い返す程なのだ。

オイラはワイシャツにネクタイ、ヒゲは剃ったし、もみ上げも長すぎてません。

もう一回入学できるくらいです(笑)

今回目当ての先生は、オイラが卒業してから科長に就任した先生です。

しつこく「大人になったら本読めー、本読めー」

とか、本田宗一郎はどうのこうのって話をしてくれた先生で、

今自分が農家を経営、維持していくための基礎を叩き込んでくれた方です。

勝手にオラがそう思い込んでるだけですが(笑)

エンジニアにはなれなくて、今は農家だけど、

工業で勉強したことがちょっとでも役に立っていることを教えたくていきました。

先生が「先生やっててよかった」って思えるような人間になったと自分では思いますが、

もっと勉強して、会いに行かなくても、

先生にオイラの活躍が届くような人間になりますからね!
スポンサーサイト