fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

110226_142044.jpg

アルバイトも終わり、会津宏樹は野に放たれた。そして鼻たれた・・・。

「どないして切ろう(笑)」

りんごの木って毎年形を変えるんですね。

町に一人はいる枝切りの神様みたいな人も、

「りんご作りは一生勉強。人によって切り方も違う。正解はない。」

とか言うんだ。ト○レの神様もびっくりである。

樹一本一本、枝の出方も何から何まで違うんだ。

同じ年に植えても、ちょっとしたコンディションで変わります。

もちろん切る人が違えば全く変わります。

前から言うように、作る人でも、作る場所でも全く変わるんだ。

でも、そのバラつきは技術でカバー出来る。

その技術は、理論で教えられても、数字に表せない以上、

経験やらその人の考えが枝切りに表現されるのだ。

110226_142140.jpg

りんごの樹って、よく人間に例えられます。

りんごの樹はよく喋るとか、りんごの樹は正直だとか。

去年の切り方、肥料の上げ方で、枝の伸び方が変わったりします。

その伸び方が「声」の代わりになっていて、オラ達農家はその「声」を聞くのです。

んなアホなwww

と思われるかも知れませんが、熟練した人ほど、このような哲学的なことをおっしゃいます。

面白い(笑)

しかもそんな技術をツガリアンジョークで表現した、

「りんご葉隠れ論語」なんていう本も本当に発売されているのだ。

「めかげは二つ置くな」とかね。よく言う(笑)

奥さんを二人作るなってことです。喧嘩になるから、ひとりに搾れってことだ。

りんごの樹も同じで、同じ太さの枝を置くなってことなのです。

110226_1421400.jpg

これを「とも枝」っていうんだ。○印の部分ですね。

本来ならばこんな上に伸びた枝なんか使わないのですが、

いろんな理由で付ける時があります。

そして、こんなとも枝なんか去年のうちに切ってしまうのがセオリーなのですが、

枝の伸びを止める時なんかは切らないで、そのままの時があります。

滅多にないんだけど。

決して適当なわけではありません。

その人にそれぞれ理論があって、理屈が付けられれば正解だとよく言います。

結局は美味しいりんごがどんな枝のどの部分になるかわかっていて、

その枝の育て方を間違わなければ良いのです。

それが滅茶苦茶難しいんだけどね。

110223_181039.jpg

りんごも出荷し終わって、本当にお疲れ様だったよ、自分。

今年こんなのを見つけたんだ。

110223_180937.jpg

有袋ふじなのだが、一つの箱に何個か入ってたんだ。

「さび」なのだが、丸い円形なんだよね。

仮面ライダーオーズですか?

ちなみに仮面ライダー○○○でオーズって読みます。

まぁそんな仮面ライダー好きは出さなくても良かったな(笑)

最近オーズメダルが売り切れ続出で、おもちゃ屋さんでも親達が朝から並んでるらしい。

去年のダブルのガイアメモリから仮面ライダーブームが再熱してるのだ。

園主は仮面ライダーブラック世代なので、

ディケイドはしっかり見てました。

実は映画も二作ちゃーんと映画館で見てます。

仮面ライダーディケイドではオリジナルの俳優の倉田てつをがちゃんと出てくれたからね!

未だに小さい頃に録画した仮面ライダーブラックのビデオを残しているくらい大好き。

むふー。

ハイ、脱線しましたね。

ちなみにこのさびは、輪状さび果病みたいです。

枝でなるらしくて、接木で感染するのだ。

じっちゃんめ・・・。またオイラに遺産を残しやがって・・・(笑)

遺産ってもまだ死んでませんよ!!

他にも夏になると葉っぱがおかしくなるモザイク病なんてマニアックなのもあったな。

じっちゃんめ・・・(笑)

全て接木したじっちゃんの責任ですが、とりあえず味には影響はないみたいです。

前園主がこうやって病気を残すってことは、

大変迷惑なことだと思う人もいるだろう。

けれど、オイラはこう考えている。

「じっちゃんは初心者のオイラのために、たくさんの病気を残してくれて、

それを直す術を学べって言っているのだ」ってね。

病気、狭い樹の間隔、いろいろ問題を抱えている畑ですが、

コレはぜーんぶ宿題なんです!

これから自分のりんごの樹が大きくなって、同じような症状があらわれても、

次からは余裕で対応出来るはず!

じっちゃんはなんて遠まわしに良いことをしてくれたんだ!!(感涙)

110223_180849.jpg

しかしこうも綺麗に丸い円を描くとはな・・・。

なんかこれを無くすのも勿体無い気もしてくる(笑)

でも需要ないだろうしね(笑)

110223_172208.jpg

ほいほい、これは「すす斑病」

まっくろくろすけの正体です。

ウソです(笑)

これは立派な病気。

あの有名な木村あきのりさん、自然農法で有名な。

自然農法、無農薬、微生物散布、いろんな園地を回ったけど、

このすす病系はどこでも出てるよ。

農薬だけです、カバーできるのは。

だからって大量に農薬散布するのは大間違いだけどね!

拭けば落ちるけど、いつかスーパーで見かけたら拭いてみてくれ。

すすって言っても、菌だから、そう簡単に落ちません。

お湯が効果的かと。

でもお湯ってwww新鮮果実にお湯ってねwww

りんごでもなんでもだけど、全てが無農薬だから良いわけじゃありません。

マズイ無農薬野菜を無理して作ってる人もいますね。

違うだろう・・・。

無農薬野菜、無農薬果実を作っても、

アレルギーの人に食べてもらわないと意味がないんだ!!

アレルギーのある人に行き届かないのに作っても、

それはマズイ野菜を作ってるだけの農家になっちまいます。

いつか魔法の水みたいなのが出来ると良いね。

それを掛けたら虫も病気も寄せつかなくなるっていうのをさ。

そしてアレルギーの人も出なくなって、本当に美味い野菜も果物も食べられたら良い。

でも、どっかの大企業の手回しによってもみ消されたりするんだろう。

農薬会社が一気に倒産だろ!!とか言ってさ。



「どこかが得をすると、どこかで損する人もいる。」

枝切りの師匠が言ってたな。

切り過ぎると、その反発が出て、枝が伸びすぎて大変なことになるって意味らしい。

枝切りと、社会風刺を掛けた「つがりあんジョーク」らしい。

そんなオイラは、ジュース工場の飲み会が終わって、

夜中まで起きてる、「寝ずっち」です(笑)
スポンサーサイト