FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

110625_115318.jpg

最近りんご農家から他の分野を模索している会津宏樹りんご園です。

まだ模索状態ね。

売り先もないし、やり方もわからないし、何一つもわからない。

まだ模索すら出来ていない、

見~て~る~だ~け~(笑)

それでもまだ救いがある。

実はここは元のお母さんの職場なのだ。

オイラが小学校の時に専業主婦をやめて、

このハウスの中でトマトと花をやってた。

オイラが高校の時に辞めたけど、

就農した頃からなぜか声が掛かるようになった。

オイラにとっては現金収入があるから、生活がなんとか楽だったなぁ。

その代わり、葉取りと収穫の作業をオイラ一人でやった年もあった。

土日に対面販売を組んでた年は、

11月の収穫を急がないといけない日なのに、

誰も畑にいない日もあった(笑)

会津んちはどうなってんだ?って言われたなぁ。

これも一つのりんご経営のカタチだから良いと思うけどね。

何も毎日畑にいるのが農家じゃないさ。

と、まぁお母さんはいろいろあってトマトを栽培して10年以上なのだ。

病気の見方もわかるし、いろいろ分かってる。

辞めた後も今日みたいにちょこちょこ顔を出してるし、

意外とマメだ。

とか言いながらオイラはトマトをむしゃむしゃ。

なかなかうめー。

110625_115200.jpg

ミニトマトってこんな感じに大きくなるんだなー。

やろうと思わないと、注意してみないのが人間。

何回も見ているのに、初めて知ったような気分になる。

110625_115154.jpg

これが花が落ちた状態。

小さい実になっているんだな。ミニだけに。






ミニだけに。

小さいミになってと、ミニトマトのミニが同音異義語になってて、これを駄洒落っていうんですよ。

そして笑いドコロです。

110625_115435.jpg

お母さんは花を育てたいってずっと前から言ってて、

ハウスが欲しいってずっと言ってるんだ。

でも花を育てると言っても、オイラはただの趣味で言って欲しくはない。

育てるなら、それが生活の糧になるような栽培と経営をしたい。


農家が経営って言うと、なんかいやらしい響きになる。

え~、結局お金目当てなんでしょ~?

利益優先なんでしょ~?

金の亡者め!!

的な。

オイラはそんなつもりはない。

奥さんがいて、毎日畑に行って、

たまに子供と遊びに行って、

二年に一回でも旅行に行って、

たまに飯坂行って(笑)、

たまに農家の友達とスナックで飲んで、

帰りに〆のラーメン食って、

趣味で週に一度プールで汗を流す!

そんな当たり前のような生活をしたいだけ。

良い会社入って、良い紙に良い名前を良い名刺に書いて、

良いハンドルの着いた、良い車の良いカーナビの良い声の良い道を通ろうとは思ってない。

そんな当たり前が出来てる農家なんてすげー少ない。

台風一回かすめるだけで生活が危うい人がゴロゴロいる。

うちもその一人だ。

そんなの嫌だ。

ただ当たり前が欲しい。

当たり前が一番の幸せだと気が付いたオイラが、

努力するのも当たり前なのである。

当たり前を手に入れるために、それに見合う当たり前の努力をしなくちゃな。

でも、当たり前のことをするのって、

当たり前に難しい。

当たり前田のクラッカーである。

当たり前田屋敷である。(前田屋敷は特別栽培が盛んな田舎館の地名な)
スポンサーサイト