会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

1/1 あけましておめでとうございます。

110730_071043.jpg

うちに一本だけあるつがる。

長野で収穫してもつがる。

1990年まで花粉親が分からなかったつがる。

違うを津軽訛りで言うと、つがる。

本当につがるって言えば、違うっていう意味に捉えるんだよ!?

巧妙な津軽弁トリックですね。

110730_072019.jpg

78ミリくらいです。

大きいなぁ。

つがるって早くに収穫するりんごだから、

柔らかくなりやすい。

さらに、落下防止剤のストッポールを散布しないといけなくて、

その落下防止剤のせいでまた柔らかくなりやすくなります。

大きいとさらに柔らかくなりやすい。

なんて不幸なりんご…。

さらに一番初めにスーパーに並ぶりんごなので、

売れやすいんだろう。

だから早く出荷すればするほど高値。

そして早く収穫すると味は乗ってないけど、長持ちします。

柔らかくなりにくいのだ。

何、このジレンマ…。

美味しいと抜群に長持ちしない。

不味いと長持ちする。

これはフジでもそうなんだけど、

つがるだと、さらにその差がスゴクわかりやすい。

自分でお客さんに宅配で送っても、

都会の暑さですぐ柔らかくなる。

10キロだと多いんだよね。

10キロだと28個~40個。

一日一個のお宅だと、美味しいりんごを食べられるのは3個程度だろう。

頑張って食べられるのが10個、残りは無理だろ。

柔らかすぎるりんごは個人的に食べられない。

モモもバリバリジュルジュル派だからな。

そんなりんごなのだ。

つがるで美味しいりんごを食べたいのなら、

大型冷蔵庫を買うか、

送料はキロ当たりで計算しちゃうと高いかもしれないが、

3キロ~5キロで送ってもらって食べた方が良いと思う。

そして、つがるの美味さを実感すれば良いよ。

声出して叫びたくなる美味さだ。

と思うんだけどなぁ…。

110720_114618.jpg

あ、エコファーマー。

余裕で取得。

余裕過ぎてノーコメントです(笑)

110730_045657.jpg

新梢長穂接ぎ!!芽が出た!!!

花嫁ちゃんの芽が出たぜ!!!!!

うおー。初成功だぜ、初成功。

こっから花嫁の木にしちゃうかな~。
スポンサーサイト