FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

110822_103509.jpg

今日はいい天気だな。暑くもなく、寒くもなく。

待ちに待った草刈である。

この畑は苗木畑。

普通の園地と違い、お日様当たりがハンパなく良い。

こんなところでは、いろんな草が生えまくる。

特に右隣には病気と害虫のベットタウンと言われている、荒地。

雑草だらけ。

ってもりんごの木が無農薬で植えてあるわけじゃないから、

そこまで気にしなくても良いと思う。

これでりんごの木があるなら、とっても大問題だけど。

110822_121740.jpg

雑草の中でも、一番面倒なのが、このギシギシ。

なんかベットがきしむ音に聞こえる名前だけどさ。

こいつだけやたらと成長が早く、さらに種をばら蒔く最悪な雑草。

でもこのギシギシは、刈る度に30日サイクルで生長点に達するのだ。

生長点は決まってるから、刈らなきゃ維持する雑草だというのは、

意外と知らないはず。

あれ、知ってた??

でも刈らないと面倒なんだよ。

歩くのが。

ホント歩きにくい。

110822_121752.jpg

刈る度に伸びて種をばら蒔くから、当然増える。

増えると群生地になる。

苗木畑はこの草だらけだった。

特に酸性土壌に多く生えるらしいんだけどさ。

しかし!!

今年の夏は違った!!

なぜかこのギシギシが減ったのだ。

理由はわからん。

無肥料だから?

草刈の間隔が短いから?

でも草刈の間隔は去年の方が短いんだよなぁ。

代わりに出てきたのは、

110822_121839.jpg

メヒシバ!!

こいつが大量発生したのだ。

りんごの雑草悪の五本指に入る、メヒシバ。

ちなみにヨモギとイヌタデも五本指に入るよ。

イヌタデは苗木の根元に多くあるかな。

刈り残しがあると、そこから生えるみたい。

んで、このメヒシバだが、コイツもまぁ伸びる!

ギシギシの背丈を超えるんだ。

コイツらがギシギシを超えたおかげで、

日が当たらなくなって、ギシギシが伸びなくなったのかな??

とか思ったりもするけど、こんだけ日当たり良いと、さすがに当たるだろっても思う。

季節がそうなのか、何がそうなって、ギシギシがいなくなったのか、

理由が難しいでごあす。

110822_121806.jpg

これは良い草と言われている、

クローバーとオオバコ。

オオバコは砂利道なんかにも生えている、背丈の低い草だ。

でも葉っぱが広いから、結構引っかかる。ってお母さんは言う(笑)

我慢しろ。


雑草も調べてみれば面白く、

雑草がりんごの根に与える影響とか、探せば論文がたくさん出てくる。

部分的な試験の論文だが、そこから考えさせられることはいっぱいある。

雑草も毒を持っていて、

他の植物が生長しないように、根から毒を出すのもいるらしい。

もみじの木とりんごの木が隣同士だった場合、

りんごが実らなくなったという話も、その毒が影響しているのだとか。



コストを減らすことが出来て、美味しくて大きいりんごが採れるのが一番良いはず。

そこは無肥料と雑草と草刈りが鍵を握っていると思う。

要勉強ってコトで。

110822_121937.jpg

川原に砂利が!!

段差が無くて楽だなぁ。

元々は水たまりが出来るほど穴だらけ。

ありがとう、板柳町。
スポンサーサイト