FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

110917_114511.jpg

どもども。

着色管理担当の会津です。

まぁ、全部の作業担当なんですけどね(笑)

いつかは役割分担したいけど、

頼れる仲間がいないっていう…。

自分がもう一人いれば良いのに!!

って思います。


上の写真は、まだ袋がかかっている状態です。

この袋、二重袋(にじゅうたい)と言います。

袋を剥ぐにも、ある程度ルールがあります。

天気を見てやらないと、後々大変なことに…。

110917_114532.jpg

一番上の袋を剥ぐと、紺色の紙が出てきます。

二枚になってるから、二重なんですね。


一枚目を剥いで、3日明けてから二枚目の紺色の袋を剥ぎます。

袋を剥ぐ時間も決まっていて、

りんごの表面温度が上がらないうちに二枚目を剥ぐと、

日焼けして白くなるのだ。

さらに気温が上がっても、夕方に剥ぐと、次の日の朝日で日焼けします。

面倒なので、二枚目の袋剥ぎは「9時半から3時まで」っていう縛りルールを作っているのだ。

一枚目の袋剥ぎはその前後にやるようにして、

作業工程を組んでいます。

ってもこれは基本ルール。

その他、気温、天気などで変わるんですよ。

110917_114547.jpg

今年初めて挑戦した通称「一発袋」(いっぱつ)。

これは袋剥ぎが一回で済む、特殊袋。

ちょっと値段はしますが、

仕事が楽ですよね~。

袋が破けて、既に色が入ってます。

110917_114610.jpg

剥ぐとこんな感じ。

綺麗なツートンカラー。

日焼けしなければ良いけどなぁ…。

110917_114334.jpg

これはフルーツパット。

りんごに傷が付きそうな場合、このフルーツパットをくっつけて傷を防ぎます。

お母さんにもやらせた時期がありましたが、

貼りまくって傷はないのですが、

作業がなかなか進みません。

「そこいらない!」って言っても、気になるようで…。

110917_114221.jpg

台風とか強風がこれから一回は必ずあります。

そんな時のための保険です。

去年から一人でフルーツパット&二枚目の袋剥ぎ係。

二枚目の袋は簡単に取れます。

木が低いので、ほとんどハシゴに登らず袋を剥げるんですよ。

ハシゴに登らないって、時間のロスが少なくて良いのだ。

作業性って大事よね。

110917_114419.jpg

さらにこうやって口にフルーツパットを噛んでやることによって、

ポッケに手を突っ込む時間も省ける。

二時間くらいずっと噛んでるので、前歯の噛み合わせが…。

そして舌に当たる異物感。

おえってなるのを我慢しているので、

こんなヤンキーな顔になります。

みんなはどうやって貼ってるんだろう…。

110919_095544.jpg

これがアブラセミの吸汁の跡。

らしい。

うわー。

せっかくのばんぺーゆみたいなりんごが…。

でもこんな、ばんぺーゆみたいに大きいからダメなんだよな。

セミの餌食ですがな。


ちなみに上の写真で掛けているメガネは、

佐藤健が仮面ライダー電王で掛けてるメガネと同じらしい。

同じメガネなのに、この天と地の差(笑)

月とスッポン、象とミジンコです。

佐藤健さん。

確かヤフオクギターを買った時、送り主が同姓同名だったこともあったな。

そんなどうでも良い話を書くブログを、

これからもヨロシクお願いします。
スポンサーサイト