fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

無題
火曜日から金曜日まで、泊りがけで勉強会に行っていました。

その名も『青森県りんご基幹青年』

二年間、数回に分けられた様々な講習を経て、青森県のりんご産業の発展やその中核者となるための、いわば登竜門みたいなものです。
りんごの専門知識を養う専門学校だと思えば良いと思います。

講師の方は様々です。大学教授、のこぎり社長、りんご試験場の研究者、一般の農家の方・・・
有名人も来ています。最近では『医果同源』というナチュラルキラーという細胞を増やすりんごジュースを造った城田教授も来ましたね~。ナチュラルキラーってがん細胞をも殺すんですよ。
増毛効果もあるらしいです。もはやりんごジュースってより、サーポート食品ですね。

火曜日からのは何をしていたかと言うと、ほぼ剪定です!
りんごの大事な作業、通称『枝きり』
枝の高さでりんごの作業のしやすさや、どういうりんごを作るのかを決める、りんごの作業の一番最初の作業です。

これは人それぞれなので一概に正解はこれ、マニュアルはこうだっていうのはないんです。
りんごの樹は人間と同じ生き物です。言うことを聞くときもあればわがままになることもあります。
面白いでしょ?(笑)
りんごの樹と会話するため、コミュニケーションの一つと思って良いとおもいます。
樹がどう切ってくれと言っているかは枝を見ればわかるんですよ~(笑)

生徒はみんなで60人くらいです。みんなで岩木山の近くで寝泊りしています。スゴイ雪だった…。軽トラが埋まってましたもん(笑)
夜はみんなでこれからのりんご産業がどう変わるべきか、どんな品種でどんな栽培をするかなど、自然に情報交換や意見交換します。みんなやっぱり真面目なんですよね~。熱く語り合うと夜中の3時まで普通に語ってますよ(笑)昨日は朝の5時まで話していました!(笑)

農家ってただ作るだけとか、勉強しないとか思われていますが違いますよ。美味しいりんごを低コストで安くお客様に買ってもらうための経営力も必要ですし、その美味しいりんごを作るための技能、農薬を減らすために害のある病気や虫たちを見る生物学の研究、農林水産省もあるくらいなので政治も勉強します。

そう考えると農家ってスゴイと思いませんか?(笑)
その集団のタマゴが基幹青年なんですよ♪
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aizuhirokirinngoenn.blog73.fc2.com/tb.php/4-0139562d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック