FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



消費者も大好き、オラも大好き、

蜜入りりんごです。

しかーし!!

わかりますか??

これはもう既に内部褐変、腐りかけています(°_°)



もっと割ってみると、隠れツル割れもあったみたいです。

ツルもとを押すと、

パチッと鳴るので、パッチんと呼ばれています。

そのまんまだな(笑)

さらに蜜の部分が茶色くなり、水分が飛んでいるように見えます。

これは内部まで凍結したあと、

凍ったのが溶けたからでしょう。



ツル割れと凍害のダブルパンチです。

蜜の部分は柔らかくなってました。

美味しくないです。

りんごは蜜の部分は美味しくないのはご存知でしょうか?

実は美味しいのは、果肉の部分なのです。

蜜の正体はソルビトールという糖と水分なのですが、

蜜自体には味は少なく、甘くありません。

葉で作られたデンプンが、ソルビトールに変化します。

そのソルビトールがぶどう糖に変わる酵素があるのですが、

その働きが低下し、

ソルビトールが維管束を破り、

果肉まで流れ出して、

蜜入りりんごになるのです。


じゃあ全然蜜じゃないんじゃん!!

騙したな!!

と言われても困るわけでして・・・

オラが生まれる前に、

「蜜」って表現した彦摩呂のような人に言ってください(笑)

なんで蜜って言ったんだろうな?

ちなみに甘く感じないので、蜜の部分はもちろん、糖度も低くいです。

もうなんか損した気分になりますね(笑)



正しい知識で、美味しいりんごを食べましょう(^_^)

ちなみに蜜は割らないとわかりません(笑)

内部褐変も割らないとわかりません(; ̄ェ ̄)

教えてください、内部褐変_| ̄|○
スポンサーサイト