fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



今日は良い天気だなぁー!!

ここからの景色が大好きだ!

撮っている場所は、畑を潰して作った土手です。

うちの畑をギリギリ交わして土手を作ったのです。

この工事に掛かって木を切ると、

スゴイお金が入るので、通称宝くじと呼ばれています。

うちの隣のこの土手にかかった当選者は、

木を一本だけ残されて、土手があり、かなり面倒だぜー!

と言ってました(笑)

ここに来るまでには結構遠回りしないといけません。

大変だなぁ・・・おらもだけど(笑)

ここは木が4本しかありません。

効率悪いぜぇぇぇ!!!(笑)

でもここはオラが最初の頃から手を掛けていたので、かなり良い花芽(≧∇≦)

しかーし、

ここをオラはこうみつという品種に変えようと思います(≧∇≦)



この品種ですね。

実験圃場にはもってこい。

一挙更新という接木の仕方をしようと思います。

一挙更新とは、一気に品種を変えてしまう荒技です。

小枝を落としてしまい、新しく接木した品種に生長養分を全て流す更新の仕方です。

過去にはつがるからトキに変えてしまいました。

3年でりんごがゴロゴロ収穫できましたよー(^^)

相性も良かったようです。

つがるにトキを接木したのがね(≧∇≦)

北斗にふじを接木すると、色は赤くなりにくく、りんごも実りにくくなります・・・

結構そういう木や、園地って多いらしいです。

うちもですけど・・・





まずは小枝を落とすかー。

と思って切ったら、切り口が真っ赤!

なに!?∑(゚Д゚)

あばばばばば・・・・

これは、果実にも被害を出し、

皮から養分を吸われると、木が衰弱してしまう、

去年借りた無農薬の畑に多くそういう木があった、

ナシマル(サンホーゼ)カイガラムシ!?Σ(゚д゚lll)

どひゃー。

どうりでなんだか木が弱ってたわけだ。

ようやく解決!

減農薬や放任園(無農薬)に多く発生する害虫の被害でした。

天敵という天敵はいません。

最近増えてきているらしいですね。

うちも農薬を減らしているので、その影響もあるのかも・・・

難しいです、病害虫。

ということで、この部分は被害のある部分を切除して、

そこから接木しようと思います。



良い枝です。

とっても良い枝。

使う部分はなるべく真ん中辺りから。

育成者の岡田光榮さんは接木のプロで、

おらに事細かく接木はなんたるかを教えてくださいました。



まずは枝をカットし、半分に割る。

外国に多いつぎ方らしいです。

割り接ぎ。



そしてこうみつの枝を適当な長さにカットし、

下の方を削り、細くします。



そして割ったふじの木の方に挟める!

この時大事なのが、木の皮の下にある、

形成層という部分同士をくっつけること。

これがスゴく大事。

というか、これがくっついてないと失敗します。



終わったら動かないように接木テープで固定します。

ちなみにこの時のテープの色は、白が一番活着率が良いそうです。

が、結構な確率で成功するので、

オラは安い透明なテープで接木しています。

あとは枝先に癒合剤を塗って終了。

場所によれば3分もあれば終わります。



これが背中に接木するということ。

太い所からでも、接木できます。

形成層さえくっついていれば。

枝先の接木だけではどうしても樹形が崩れやすく、

そして大きくなりやすい。

無駄な空間が多くなるような気がします。

これは就農当時、枝切りを教えてくれてた師匠が、

100本近い木を、一挙更新でふじから大紅栄に変えていたのを見た時に思いました。

うわ、空間無駄になりやすいんだなってね。

でも枝先に近ければ近い程、花が着きやすいのです。

つまりりんごが実りやすい。

根元に近い程、実りにくい。

だからオラは、一挙更新の場合は実りやすい枝先だけではなく、

こういった背中にも接木して、

最終的にはこの背中のを使って、

20年後の一挙更新完了を目指しています。

切り替え時期は、この太い枝より、接木した穂木の方が太くなったらです(笑)

長いでしょう(笑)

だからスゴく楽しいんです!




いろんなところに、いろんな接木の仕方を試します。




お昼休みと、残業の二時間で、31箇所の接木をしました。

これで一本終了(≧∇≦)

こうみつの穂木はまだまだあります。

あと二本一挙更新出来ますが、

なんかもったいない気もします(笑)

自分が最初の頃から手をかけてたので、

めちゃくちゃ思入れがあるふじなんです。

学校の先生ってこういう気持ちなんだろうか。

でもこれは農業。

似ているけど、

生活が掛かっている、パートナーなんだ。

大事に接木して、無事にこうみつ畑にしていきますp(^_^)q

ここ接木方法だと、早ければ来年試食出来るだろうか。

スポンサーサイト