FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



ヤクを落とすのに使った機械は先輩からお借りしました。

毎日のように花粉を集めては、

来年に備えているようです。

目指すはそういう形です。

人工受粉は毎年の仕事の工程です。

機械は買えば数万円。

なんか我慢すれば変えるけど、

今の財布じゃなぁ(-_-)

なので先輩には隣町のオシャレなケーキ屋さんで長すぎるロールケーキを(笑)

いつも罵倒する先輩でしたが、

素直に喜んでました(笑)

本当にお世話になってますm(_ _)m


そして今日は突然ながら花粉を頂きました。

本当に感謝していますm(_ _)m

オラと同じく祖父からりんご園を受け継いだ方で、

境遇が似ていました。

それでも今のオラは、

父母が常に畑にいてくれて、

オラの方が断然恵まれています。


やる気に満ち溢れ、

オラの周りの農家さんは本当に尊敬出来る人ばかりです。

外に出て顔を広めるほど、

そういう方に会うことができました。

良い刺激をもらいます。

切磋琢磨っていうのは、

きっとこういう仲間達としていくのだろうな。

ありがとうございましたm(_ _)m




最後はこの方。

一緒に冬の間剪定していた先輩です。

今日で一ヶ所、

長丁場の園地が一区切りつきました。

剪定です(-_-)

1haで9日掛かりました。

剪定している時期としては、

今までで一番遅いかも。

りんごの木にある貯蔵養分は全然なくなったろうな。

なので、こっからはこの園地を先に強摘果していきます。


どういうことかというと、

りんごの木は花が咲く時に、

今まで貯めた養分で花を咲かせます。

咲く前に摘みとれば、

木が疲れないんです。

花は咲かせる花が少なければ少ない程、

りんごの木や実には良いってことなんだろうな。

つまり、今頃まだ剪定が終わらせられなかったなんていうのは論外です(ーー;)

さらにはあと30アール程残っています。

最後の園地です。

月曜日、火曜日でケリをつけ、

来週で燃やしてしまいます。

あとは6月に入って3日掛けてチェンソー。

そこからは花摘みではなく、実すぐりという、

ひたすら実を取る作業に入ります。

その間、役員会、会議なんかも入ってきますが、

全てこなしていきます。

この実をすぐる作業がとても大事です。

今年は特に開花が遅れたので、

小玉傾向だと考えています。

しかし、面積を増やしたので、

強い実すぐりでも収量を確保出来る安心感が今までと違ってあります。

無理して実らせていたのを、

ようやく辞めさせられる!

「そんなにりんごを落とせば収量が減るでしょ!」

って何回母親と喧嘩したことか。

そんな喧嘩の種もなくなるのかと思うと安心です(笑)

美味しいりんごを収穫するためには、

剪定と実すぐりはワンセットです。

剪定はまだまだ勉強不足なところばかりだけど、

それを大きくカバー出来るのがこの実すぐり。

来年の充実した花芽のために、

今から既に作業は始まっています。

そう、この実すぐりで来年のりんごの良し悪しまで変わるんだ。

今までの遅れを大きく取り返すには、

この実すぐりをどれだけ強く出来るか。

これに限ります。



下枝は雪に埋まってたのが原因で花がとっても遅れています。

雪かきして、掘っておけばこうにはならなかっただろうに・・・。

明日この花と下枝に、今日頂いた花粉で人工受粉。

追いつけ、追い越せ。

今までの遅れ。

お世話になった人達が、

コイツのためにやって良かった!

って思えるようになるよ。

あの日貸した機械も、

あの日あげた花粉も、

あの日貸した力も、

じっちゃんが残した受粉セットも、

無駄にしない。

会議も終わったので、

寝る!
スポンサーサイト