fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



去年は春に行いました。

今年は時間が無くて実すぐりの時期に。

角度がキツイ枝には花芽がつきにくいと言われています。

下げたい場合は誘引するか、

りんごを実らせるか。

どちらも樹勢を落ち着かせる効果はありますが、

りんごを過剰に実らせるのは、

疲れさせてしまうのではないかとも思います。

なので、おらは誘引を選びました。




こうなんじゃないかな?



効果が出る



多分こうなのかな?


その繰り返し。

この方法も絶対かどうかはわかりません。

手間は掛かるけど、今更です(笑)

りんごなんだもんな。手間掛けて美味しくなるんだ。

ちなみに品種はこうとくとこうこう。

3年生の木に接木したので、

根は既に結構伸びてて、

樹勢は強くなりやすかったです。

大紅栄も誘引してお日様が入るように。

お日様も葉っぱに当たらないと、

うまく花芽形成しません。

学生の時に習った光合成ですね。

お日様がなくなったら生きていけない。

奇跡のりんごがもてはやされてるけど、

本当の奇跡は「日常」だよな。

サムシンググレイト。



去年誘引したものです。

角度を下にし過ぎると、

背中から枝が出て、結局は上に伸びたがります。

角度がキツイ枝(樹勢が強い)を誘引しても、

結局はその形に戻ろうと反発する。

背中の枝っていうのは、生長養分をぐんぐん引っ張る力もあるので、

切り落とすのが基本です。

基本は。


剪定も同じですけど、

こうなれば良いなーっていう形に当てはめても無駄で、

りんごの生理生態の理屈に合ったことをしないと、

ダメなんだなぁと思っています。

愛情掛けようが、手間掛けようが、

それがりんごのためにならないなら、

やる価値があるのか微妙になってくるんだ。

何がりんごのためなのか、

どうすれば一番見返りを頂けるか。

その丁度良いところを一生掛けて探し続ける。

言葉の通じない相手と、

ずっと身振り手振りの会話を続けるんだ。

農業の難しさだなぁ。


苗木の育て方は本を読んだり、他の園地に見に行ったり。

教えてもらうよりも、

こればっかりはこなした数なのかもしれん。


今日は朝からしとしとと雨が降ってます。

キーゼライトの効果を見た後、

神戸にいる友人の結婚式に行くためのチケットを買わなければ。

なんやかんやで15万くらい掛かるけど、

どうしても祝いたい。

保育所から一緒の同級生です。

ただいま友人と余興のDVDも作ってます。

来週は晴れても余興の撮影だ!
スポンサーサイト