FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



しのべという草です。

ギシギシとも呼ばれています。

農家がよく除草剤を撒く草です。

オラも撒いてた時があったけど、

エコファーマーを取ってからは封印してます。

余ったのはちょこちょこ、

家の庭や車を停めるスペースなんかにしか撒いていません。

エコファーマーは土作りを頑張っている農家に与えられる称号で、

除草剤を散布してはならないことになっています。


このしのべという草は、農家を悩ませるくらい作業性を悪くします。

とくに成長するスピードは他の草よりも圧倒的に早く、

この草が多い所だと、春一番に青々としています。

良いじゃん。

と思うかもしれないけれど、

その次。

繁殖力。

とにかくタネを落とす草です。

歩きにくいからって、草を春に刈ると、

その次からは必ず花を咲かせながら生長してきます。

そして最後に生命力。

もう掘るしかないと思って、

うちのお母さんなんかは掘るんです。

しかし、根がめちゃくちゃ長い。

50センチもの深さに達するものもあります。

根がちょっとでも残っていると、

そこからまた伸びてくる・・・。

除草剤に走るしかないのですが、

根の末端まで完全に枯らさないうちに刈ると、

また伸びてきます・・・。

どうしろっちゅうねん。

そもそも草を刈る理由に説明したいです。

オラはそれが全く説明出来ない・・・。

理由は周りの目くらいだ。

周りの農家の目が気にならなければ2回に抑えたい。

過去最低は一回。

この時はゴミをたくさん園地に投げられたなぁ。

それにかなりの噂になった。

周りの農家から見ると、粗末なのだそうだ。

アホらしい。

わい化栽培なら仕方ないと思う。

しかし丸葉栽培なら、

苗木はマメに根元の草を刈ればねずみの被害は問題ないし、

冬の間はちゃんと根元を包めば被害はない。

草を年間8回刈ってねずみの被害が減ったかい?

年間一回、包むだけでネズミの被害はない。

次は虫だ。

なんのための薬剤散布だよおお!!!

掛かれば死ぬのが殺虫剤。

例外もあるけども。

いなければ掛けても意味がない殺虫剤。

例外もあるけど。

むしろ虫がいるかどうかを草で見つけられるんだ。

そうでなくても今の慣行の薬剤散布なら問題ないんだ。

じゃあなんで草を刈るのは。

作業性だろうな。

足に絡まると転ぶとよく母親は言う。

よしわかったと草を刈るけども。

そうなると・・・すごく極端だけど、

その日作業する分を刈っても良いんだよね。

草だけは全くもって納得がいかん。

これはもう・・・勉強するしかない。

周りが納得するだけの意味を持たさないとな。

一番簡単なのは経費削減。

ガソリン代が年間1万円だったのが4000円になる。

さらに回数を減らすと自分の時間も作れる。

と思うんだ。

たったそれだけだと思うかもしれないけれど、

意味のないことはしなくて良いとオラは思う。



今日初めて刈った草をクンクンしてみた。

既に二回刈っている園地だ。

しのべが黒くなって細くなり、土の色に。

表面の土ってこうやってできていくんだろうな。

枯れた草の匂いは土の香りがした。

写真では見えないけど、

菌が繁殖していて、

カビのようなものもあった。

草・・・土・・・

地球産の草、ぶつかった壁はおらにとって大きい。




しのべで新しい発見をしました。

しのべのビックリ体験
スポンサーサイト