FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



というか、あおもりマルシェの実行委員であります(^^)

青森の魅力をもっと県民のみんなに知ってもらいたい、

発信する場を創出したいという思いで活動しています。

今年が二年目です。

私達、若手農家トップランナー卒業生と、

立志挑戦塾卒業生とで実行委員会を作り、

若手農家の産直市、あおもりマルシェが始まりました。

私たち農家は自分たちの野菜や加工品を販売し、

飲食店ブースや、工芸品などの販売もあり、

様々なイベントで盛り上がっております。

今回はハネトマスターという動画撮影のイベントがマルシェ終了後に行われました。


自分にお金が落ちる訳でもなく、

ただただ盛り上げたい!

楽しんでもらいたい!

そういう活動をみると、

なんだか応援したくなり、

参加したくなります。


余裕のある生活をしている風ですが、

実際はカッツカツです。

そんなことはわかっていても、

活動したくなる。

なんでなんだべな。

って思ったら、簡単なことでした。

オラはただただ祭りが好きなんだな(笑)

小さい頃から町内のねぶたに子供会で参加して、

それから頼まれて子ども会でお囃子を教えることになって、

と、なんだかんだ黙ってられないんだよなー。

頼まれたらそれに応えたいし、

お願いされたら断れない。

ダメな人間かもしれないけど、

軸がブレブレかもしれないけど、

誰かが困っていて、助けないと、

自分が困った時に助けてもらえないんだよ。


りんごは全力でとっかかっても、

一年にやれることは限られてます。

収量は突然上がらないし、

品質も格段に伸びるってことはありません。

しかし、りんごの生長は決まっていても、

人は違います。

それならば、誰かと会い、自分を成長させたいです。

きっと若いうちしかできない。

40歳でこういうのを始めてたら遅いんだよ。

一番仕事の出来る30代までに、

何が自分に出来るかを探さねば。

覚えるのはノウハウ。

ノウハウは頭の中の本棚に入ります。

本の数は、少ないよりも多い方が良いよね。

あおもりマルシェは自分の中の、

そんな一冊です。
スポンサーサイト