fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。




つがるの収穫完了。ともに出荷完了。

明日の加工で干しりんごにして、

完全に早生品種は終わりです。



あ、旭があったじゃ。

これは旭っていう品種です。

今年借りたところにありました。

酸味が強いです。

前に記事にしたねぶたの祖父にあたる品種です。

確か祖父(笑)祖母だっけ?

色のつきやすさ、鋭い酸味はこの旭から受け継いだもの。

そしてこの品種はマッキントッシュという学名で、

あのアップルのマークのモチーフは、

この旭なのです。

青森県の農家で、この品種をアップルに送った人がいるらしく、

毎年送っているとも聞いたことがあります。

面白い取り組みですよね(^_^)



こちらはスターキング。

かつては我が家の主力品種で、

いち早く導入し、いち早くお金を稼いだらしいです(笑)

色が付きやすく、着色管理が楽で、

綺麗なドス黒い赤になります。

形は逆三角形。

白雪姫の毒りんごを彷彿させる形ですが、

毒は入ってません。

このりんごが熟すと、園内に良い香りが漂います。

そして毒の代わりの蜜が入り、

その甘さではトップクラスです。

魔女の遺伝子が入ってるんじゃないかなー。

うちのブログの読者はわかると思いますが、

岡田光栄さんから頂いた穂木、「こうみつ」という品種の親です。

蜜の入り、着色は、スターキングの遺伝子です。

ともに二つの品種は落下防止剤を散布しないとダメで、

丁度一ヶ月後の収穫を目指しているスターキング、

レッドゴールドに落下防止剤を散布。

レッドゴールドは減農薬には適していないようで、

様々な病気がついていました。

あんなに弱いとは・・・

大失敗しでかしちゃった(; ̄ェ ̄)

レッドゴールドは出荷が無理かも。

旭は今月末の収穫なのに、

今散布・・・

完全に掛け忘れです(笑)

旭さん、すいませんでした。



前年のキーゼライト(mg)効果なのか、

充実した花芽により、

いぼり全開の早生ふじです。

表面がボッコボコ!



葉取りをした時の写真ですが、

皮が薄いのが分かりました。

こんなの初めて!!

この木は鶴田の下山さんと一緒に枝切りをして、

一切切らないべ!って二人で考えた早生ふじ。

どうだー!

来年が楽しみな木になりました(^_^)

枝切りの結果は次の年、そのまた次の年にわかります。

正解はないけど、失敗はある(^_^)

剪定は難しい世界ですが、

切らないことを覚えました。

それでも割と色が入ってるんですよー(^O^)
スポンサーサイト