FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



早生ふじ、トキの出荷です。

トキは余すところなく出荷完了(^O^)

結局市場には大玉1箱しか出さなかったなー。

今の時期のりんごが全然足りない。

作業と需要と供給のバランスがまだまだ晩生種に偏ってます(~_~;)

晩生種半分、中生種3割、早生種2割。

これを意識して考えねばな。



就農当時では早生ふじの上実率が低いと思っていたけど、

今年に入って上実率はかなり高くなりました。

というのは、傷が多いとか少ないとかではなくて、

ツル割れや形の悪い男りんごの率です。

今年の早生ふじはほとんど剪定をしませんでした。

今まで強く切り続けてきたから、樹勢が強かったです。

その勢いを抑えてみようと思って、

切らないことに決めました。

そうしたら今までにない黒さ。

りんごが黒くなりました。

もちろん今年の剪定だけが理由ではないです。

やっぱり良い花芽を形成できたからなんだべなー。

もちろんあまり良くないりんごもあります。

これもまたバランスなのでしょうか。

全て良いとはいかないようです。



今年の早生ふじは酸味がある気がする。

トキを食べたあとだからかな?

蜜も入り掛け。適期収穫出来たようです。



昨日市場に行った時、

美味い美味くないで出荷するもんでねえー。

早く収穫して、値段が高い時に売り逃げするっていう話を生産者が言いました。

それも一つなんだが、

オラは味を乗せて、美味しいりんごで正々堂々と稼ぎたいなーと改めて思いました。

需要があるからそこに供給していけば良いというのは、

食の場合は間違いな気がします。

売り手が作った常識の需要は、

本当に消費者が求めている需要なんだろうか?

消費者はその供給されたものに満足しているのかな?

満足していたら、

宅配なんてないんだよな。

やっぱ間違ってはいない。

美味しいりんごが並ぶ世の中になったら、

宅配なんてやらなくて良くなるんだよな。

お客さんがプロになった日、

新しい需要と供給が始まるんじゃないかな?


自然は変わる訳がないんだから、

変わるのはおら達消費者と生産者だ。

自然って、自然だから自然って言うんだなー。
スポンサーサイト