FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



前の記事に書いたふじ、北斗、ふじの謎の木。

おかしいなー(笑)

と、かなり疑いの目で見ていました。

雪が降って歩いて園地に行かなければならない時に、

園内を散歩して、この木を見て・・・



北斗だと思って食ってみました。

何歩か歩いて、

ん?

味がふじなんですよね。

こいつはおかしいと思い、木に戻り、枝をもう一度確認。

驚愕しました。



枝の向かい側にある枝はふじが実っていました。

あばばばばばばば

つまりは、

本当は全てふじで、この一本だけ、

枝が変わって、形が変わったものだと思います。



色が良い訳でもなく、味もふじなので、

こういうこともあるんだべなーという勉強にはなりました。

とりあえずは折れるまで残しておくつもりです。

もしかしたら普通のふじに戻るのかもしれませんしね。

何万個と収穫している中で、こういう変化に気がつくようになりました。

今までは全くなかったことです。

何もかも、全て周りの農家の刺激を受けて、オラも追いつこうと思って、

りんごのちょっとした違いを見分けようと、

今まで以上にりんごを見た結果です。

これは仲間に恵まれたからだ。

周りの農家はもっとすげえ。

情報も技術も、追いつこうと思っても、

なかなか追いつけるもんではありません。

が、諦めて付き合いを辞めることは全く思わない。

頭を下げて、教えて欲しいとお願いしたいことばかりです。

仲間に恵まれたなー、ありがたいことだと再確認です。

こうやって優良系統というのを探して行くんだね。

りんご協会の会長の畑で、アルバイトとして花摘みをしていた時、

「自分の園地に合ったふじがある。

それを見極めて、それを増やしなさい。」

そうおっしゃっていました。

ようやく自分の園地に合ったふじを見つけられる目になったんだろうな。

今までは全く見分けが付けられない目でした。

その話をしていた時に、愛犬がダッシュで逃げて、

それを追いかけて会長が車を走らせるのですが、

それを遊んでくれてると思って、

抱っこしようとすると、逃げて、

追いかけっこをしていたのも思い出します(笑)

オラも愛犬を連れて仕事したいなー。


人に会わないと成長出来ません。

少なくともオラはそうでした。

畑にいるだけでは、発見できないことばかり。

でも、自分の畑に行かなければ、全くわからないでしょう。

そのバランスも大事だなー。

いつか結婚して子供ができると、

今のように人に会いに行くことが難しくなるかもしれません。

時間はみんな平等、24時間。

大事に使うべし。
スポンサーサイト