FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



今日は所属している4Hクラブの発表会、

青年農業者会議。

4Hクラブとは、ハート、ハンド、ヘッド、ヘルスの頭文字で、

日本中だけではなく、

世界中にある会です。

青森では、若手農業者の会として定着していますが、

他県のクラブ員は、経営のことをしっかりと考えていたり、

研究熱心なところもあり、

なんだか恥ずかしいような悔しいような。

オラはその4Hクラブの五所川原4Hクラブに所属。

そこから選抜されて、地区をまとめるための県の役員も行なっています。

まー、会議とかで忙しい(;^_^A

仕事優先なんだけど、

両立させなくちゃな。

今日はその4Hクラブ員が青森中から集まって、

日頃の研究や意見を発表をしております。

二年前の農業者会議では、意見発表で優秀賞を頂き、

東北大会に出たことがあります。

この県のクラブ員をまとめている方々、

貢献している方々は、

意見発表で優秀な成績をおさめている方が多いです。

東北大会二位が当たり前でしたが、

オラは五位になっちゃって、

伝統に泥を塗ったようなもんになっちゃった・・・(ーー;)

今年は役員の仕事として、司会(°_°)

台本も当日頂き、漢字の読みミスが多くて、

うまくできませんでした(ーー;)

輪作は連作障害のりんさくと読んだり、

イマジンって英語につまずいたり、

水稲って読めなかったり・・・

マジで恥ずかしいぜ・・・(−_−;)

プロジェクト発表と意見発表があって、

意見発表はもういいけど、

プロジェクト発表こそが、

農家の本当にやらなくちゃいけないことだと思ってます。

会に所属して5年になるけど、

研究なんてしたことないんだよな。

先輩は接木での花芽をつけるなどの研究を数年行っているそうだ。

来年は発表するみたいだ。

りんごは研究をやり尽くされている感がある。

りんご研究所というところもあるし、弘前大学の研究もあって、

りんごについては多くがデータ化されてあり、

オラたちペーペーが出来ることはそうない。

やるからには、

世に出たことのないようなものを送り出したい。

こんな発想もあったのか!

と言わせられたらいいけど。

あとは、その技術を世に出すことで、

得があればイイ。

人件費が安く抑えれる。

美味しい作物になる。

作業が楽。

なんでもイイ。

そういう研究じゃないといけないと思っています。

でもそういう研究って、毎日の積み重ねから出る、疑問から出来ている。

なんで?どうして?もしかしたら!

それを調べるのが研究ですよね。

毎年何かやりたいなぁと思っても、

出来ていない、思いつかない(−_−;)

東北大会に行って、

山形県の発表は、必ず結果で経費削減や収益アップが出来ている発表でした。

すごいよなー。

オラは何が出来るだろう?


パッと思いついたのが、

草刈りを減らして、土を柔らかく出来るか。

それがネズミ対策などを施しても、

経費削減につながるか?

とか。

知り合いから聞いた話だけど、

丸葉の大きい木の高接ぎ更新で、

わい化の中間台を挟めて、

接木すると、

本当にコンパクトな樹勢になるのか?

とか。

元々使っていたスコアリングという技術を極めに行く

とか。


思い浮かんだのはそんなところだ。

より美味しく、より楽を出来て、よりコスト削減出来て。

今まで農家をしていた経験上、

そんなより良い技術は簡単に出来ない。

一歩一歩の積み重ね。

ずば抜けた発想も、

その人が天才なのではなく、

そういう考えが出来る環境に長くいたからだ。

この人は今まで頑張ってきたんだな

っていうのがわかる発表がたくさんあったなー。
スポンサーサイト