FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



今日は五所川原農林高等学校でプロジェクト発表。

これは4Hクラブの活動です。

本当は会長の仕事なんですが、

会長が全国大会に行っていないので、

代理でオラが発表しました。

台本をあまり読まず、

自分の思ったことと、暗記した実験結果を発表。

適当な感じになってしまったかな(ーー;)

終わってから校長先生と話す機会があったのだが、

勉強になるなぁー。

やはり情報が早いってのは、

次の一手を打ちやすくなる。



次は会議というか講習。

具体的に年収を上げるための農家会議。

内容は今まで勉強して感じていたことのおさらいで、

忘れていたようなことも多かったなーと思いながら見ていました。



いろんな事例発表で、

どういうサイトが売れているのかを知ることが出来ました。

仕掛け作りですねー。

年商何億とか見ると、魅力的に思うものです。



今年何回目の懇親会だろう(笑)

しかし同じ面子が揃います。

でも向かう道は人それぞれ。

貪欲な人ばかり集まってるんだろうなー。

いろんな情報が飛び交い、いろんなアイディアが飛び出す。

合コンしようぜ!ってのも聞こえてくるし、

農家のファッションってのもあるし、

お金の話、仕事の話。



お金欲しいかと言われると、お金は欲しい。

お金が好きかと言われると、大好きだ。

好きなもの買えるし、行きたいところにも行ける。

憧れるよなー。

人間は欲の塊です。

が、その欲のおかげで便利になったり、楽が出来たり。

インターネットがあるから、

こうやって情報も発信出来ます。

この発展も欲。


特に必要悪っていうのは発展には重要らしいですね。


飛行機は戦闘機。化学は爆弾。インターネットはエロサイト。出世には袖の下。
物事が前進するにはね、ある程度の悪が必要なんだよ。

TAKE OFFっていう舞台でのセリフです。


うちらのりんごは、これもまた欲の塊かもしれません。

まさに金の成る木だと思います。

農家の欲が凝り固まった、鏡のようなものです。

りんご農家ならわかるはず。

良いりんごをとれば、高く売れて、いい生活が出来ることを信じて、

自分の技術を磨き、りんごの木に繁栄させていく。

だからりんごの木は欲だと思います。

りんご園はその人の欲そのもの。

収量を上げようと木を植え過ぎて、

隣との木の感覚が狭くなり、

ぶつかり、技術では抑えられなくなって、

それがコントロールできなくて、

植え替えたり、抜いたりしていく。

人間と同じだ。

欲深い者はいずれ破滅する。

でも外見だけ見ると、りんご園は欲には見えないんですね。

技術は欲だけではなく、人間の哲学的な部分を刺激して、

この100年でりんご農家は哲学者になったからだと思います。

もしくは欲と上手く付き合う方法を身に付けたのかもしれません。

いや、作れば売れた時代だったからかな。

売れていれば、深い欲なんかなくても暮らせるもんな。

深読みしたか。

話は戻って必要悪。

物事の前進にはある程度の悪が必要だというが、

りんご農家の技術の悪とはなんだろう。

この技術の発展に、悪はあったのかな?

どう考えても見当たらない。

りんごは欲の塊にしないようにしたのは、哲学なのだろう。

哲学とは、

世界・人生などの根本原理を追求する学問。

認識論、論理学、存在論、倫理学、美学も含みます。

先人たちはみんな哲学を持ってりんごを栽培していたなぁ。

欲が哲学に変わるのか。

欲を隠すための哲学なのか。

欲と哲学はそもそも別次元なのか。

別ものだな。



まずは自分を知ろう(; ̄ェ ̄)

とりあえず、オラは欲深い。

儲けたい。

BtoBでだ。
スポンサーサイト