FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



このブログはお客さんよりも、実は同業者の方が読んでいます。

お客さんのためにって思ってた時もあったけど、

今は書きたいことを書いています。

我が強いブログです。

このスマホカバー、

同じ町にいるデザイナーさんが作っているそうです。

そのデザイナーさんとは直接話したことはないのですが、

どこにいるのかは知っています。

このデザイナーさんは、依頼すればなんでも作るのではなく、

自分のやりたいデザインしかしないらしい。

仕事を選ぶそうです。

それで暮らして行けるのがスゴイですよね。

普通は出来るもんではありません。

やりたくないことをしたり、

本職の仕事を投げ出してでも、

違う仕事をしたりしなくてはなりません。

この誰もが持つ葛藤をどっかで見たことがあります。

これもラーメンズの小林賢太郎だった。

朝まで討論会みたいな番組で、

水道橋博士に突っ込まれてた。

舞台で作品を作り込みたい小林賢太郎に、

そういう人はたくさんいたけど、

暮らしていけないからみんなやりたくない仕事をしていて、

いつか諦める時が来る。

そういう人を何度も見てきたって。

10年経った今は、その予想は外れ、

小林賢太郎はコントの舞台で成功している。

中学校の時に爆笑オンエアバトルを見まくって、

ラーメンズにハマり、

今でもDVDを借りたりして見ています。

言葉遊び、非日常の中の日常の設定、

何を考えているんだろうなーと思ってしまいます。

ラーメンズ、小林賢太郎の舞台もだけど、

素の部分って本当にスゴイ。

このスマホカバー一つ見て、

持ち主の話を聞いて思い出していました。



私の仕事は、 です

私の仕事の最大の強みは です

私が今の仕事で本当にやりたいことは、 です

そのやりたい!が叶ったら、 くらい嬉しいです

この前の講習というか、農家の会議で書いたけど、

なんとか書けた。

書く時は一個だけしか書けません。

ぜひこれを見ている農家さんは書いて欲しい。

書いて見たけど、

やりたいこと、出来ることを考えていたので、

スラスラ書いた。

でも、自分のやりたいことってコレなんだなーって思った。

一発目の質問、私の仕事はってところで、

みんなのを見せてもらったけど、

「農家」ってあった。

おらは、「りんご農家」って書いた。

かぼちゃ、じゃがいも、いろいろやって、

今では干しりんごもやろうとしているけど、

ここは農家でもなく、りんご屋でもなく、

りんご農家って書いた。

もはやこの時点でこれからの選択肢が縛られてるんですよね(笑)

これを書いている時点で、販売者向きではないし、生産者なんです。

良くも悪くも、みんなとの差を感じたし、

オラはりんご農家だという再確認もしました。

どうしても現状の品種に納得がいかない。

売りに行っても同じ時期には、

どこも誰もが同じ品種。

りんごの味は誰もが違う、美味いまずい、安い高いある。

でも、おらがお客さんならつまらない。

だから、誰にもない品種を持ちたい。

何種類かある自分だけの品種。

実ったら本当に動ける気がする。


私の仕事はりんご農家です。

将来の夢は、紅のりんご農家です。



スポンサーサイト