FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



青森を飛び越えて、秋田の大館市。

ここに有名な鍛冶屋さんがあります。

それが佐々木刃物店さん。



二月下旬、この長柄のハサミに付ける、

手打ちの鋏が欲しかったんです。

注文して一ヶ月を超え、ようやく昨日電話が来て、

飛んで秋田に行きました。



すぐに付け替えて頂き、りんごの枝を切ってみますが、切れ味が違います。

有名になるわけです。

青鋼(あおこう)と呼ばれるこの鋼が特徴的。

この辺で使っている鍛冶屋さんは少ないそうです。

別な鋼も使っているそうですが、

この青鋼の物の注文が多いそうです。



この形の鋏がよく使われており、大人気で、

板柳のわい化栽培での方は、特に使っています。

有名な農家さんが使っているというのが、

使う理由の一つでもあるようです。

良い道具を使うというのは、大事な一つのことでもありますよね(^O^)

それが今では韓国のりんご農家さんも使うようになり、

写真の鋏は韓国の農家さんが修理で置いて行った物だそうです。

形って一番大事かもしれません。

オラが使っているのはこんな形の津軽型と呼ばれる形です。



右がオラの清水一國(スペシャルの小)

左が佐々木刃物店さんの津軽型。

オラの清水一國というのは、車のスプリングの鋼を使用した、

とてつもなく硬い鋼で、

オラの手が小さいので、刃は小さいです。

硬い鋼って、寒い時に切ると、刃が欠ける時があるそうですね。

ちなみに普通の柔らかい鋼の清水一國もありますが、

スペシャルと切れ味が違いすぎて、

なんだか慣れません(~_~;)

スパッっと切れるスペシャルに対し、

柔らかい方は潰すように切っている気がします。

切っても刃が曲がっているんじゃないかというくらい柔らかく感じました。

でも、逆にスペシャルよりも、柔らかい方が切れるという農家さんも多いです。

つまり、オラの研ぎ方が甘いということです(~_~;)

鋏のせいじゃないんだよね。

そりゃ鍛冶屋が完璧な状態で出してるんだしさ。

もっと上手く研げるようにならねば。




こちらは右が伝説の鋏、

津軽型の元祖の「独狐の鋏」。

農家さんから頂いたそうで、

このコピーアレンジ盤が、左の青鋼の津軽型。

独狐の鋏。

もはや伝説過ぎて、

持っている方は大事に使っている方ばかりです。

若い方で使っているのは、お下がりがほとんど。

おさがり?いや、バトンみたいなもんですかね。

それだけ価値がある鋏で、重みもある鋏だと思います。

オラはないけど( ̄^ ̄)(笑)

新品はもう作られていません。

ギターのギブソンのレスポールやフェンダーのストラトキャスターみたいに、

作りが素晴らしいので流行り、

いろんなメーカーがコピーを作りました。

そんな感じでいろいろな鍛冶屋さんがこの津軽型を作ります。

ギターと違うのは、

全て手作りで、一個も同じ形がないということ。

そんな伝説の鋏です。




ここの鍛冶屋さんがどれだけ勉強家かわかる資料。

いつの時代の物かはわかりませんが、剪定鋏の資料集です。

いろんな鋏の絵が書いありました。

オラの清水一國や、大鰐の三國。

津軽型の鋏は、ここの四丁のうち、一丁はめちゃくちゃ切れました。

スパスパではなく、ヌルヌル切れる。

次にオラの清水一國。現役だし当然。

独狐の鋏、これはサンプルだったし、

刃が欠けていたのでまぁまぁ。

しかし、切れる!!!

その他の3丁の津軽型に勝っていた気がします。

ビックリしました。




この差が面白かった。

手の小さい人の鋏の選び方の話をしていた時です。

並ぶ順番がまちまちですいません。

どうでしょう。

違いがわかる人はいるでしょうけど。



オラの清水一國のここが空いているんです。

上をみて比べて初めて知りました。

ネジの部分から下が長いんでしょうね。



そして独狐はこの部分が広い!

なので、手が小さい人は、同じ握りでも、

独狐の方が太い方を切れるようです。

比べるまで全くわかりませんでした。



そしてこの円の大きさ。

この部分の接地面積が独狐と青鋼は多いんですね。

これは言われて気がつきました。

この面積は多い方が良いそうな。

うむむむ。

その辺は全くの勉強不足。

でも話を聞いてて面白かった!!



この秋田犬のマークが可愛い!

自分に合った一丁ならば、10月に来てくれと言われました。

一番鋏の在庫があるそうです。

いろいろな注文票が、広告の裏に手書きで書いてたなー。

テの部分が長い18センチは、うちの5件隣の農家さんが注文したそうな。

もう少し短いのは、水害があった畑の後ろの人が注文したそうな。

二人とも基幹青年20期だっけか。

一人は5丁持っているそうです。

ワンシーズンをその5丁を回している。

どれが良いかは噂と、実際に使った実感と、

その相棒への理解力。

どれだけ正しい知識を得ているか。

りんごも同じだよねー(^O^)
スポンサーサイト