FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



今日は河原の紋羽病のあるところを剪定。

年々悪くなってるなぁ。

水害もあるし、この河原でのりんご栽培はやめたいです。



水害があった時、やめようかと家族で会議しました。

この河原は国の土地なので、売り買い貸し借り出来ない場所。

よって、やるか、切るかしかない。

隣の園地は切ってしまいました。

やめる根性がオラにはなかったな。

木を切る勇気が・・・

でも隣がやめてくれたおかげで、やめる勇気が出た。

若いのに廃園にするってのは、

なかなか出来ない。

このまま河原で栽培して、水害のリスクを背負っても・・・

もう一方の農家は、元の持ち主に返して、他を買ったそうな。

やめる勇気、やる勇気。

何かをやる勇気より、やめる勇気ってすごい悩むんだな。



さて、そんな河原には3種類のふじが接木されています。

まずは協会選抜の選抜。

スーパーサイヤ人2みたいなふじ。

協会選抜のふじは、ツル割れが来ないというのが特徴。

さらに選抜されたものは着色良好で、市場出荷にはもってこいです( ´ ▽ ` )ノ

長ふ系なので、蜜の入りは三島よりも遅いと予想されます。

長ふ系なので、デラっとした縞はありません。

有袋をやっている方で、1haで一千万稼ぐ農家さんもいます(;^_^A

相当な技術者です。

そしてチャンピョンふじ。

黒いふじが実ると言われて苗木を頂きましたが、

まだチャンピョンは本気を見せていません(;^_^A

スターキングみたいなふじと言われていまして、

就農当時はかなりの人気だったはず。

そう、狭いオラの世界では・・・


さらに小町ふじ。

これはオラが就農前に両親が買ったふじ。

こっちの方が黒い縞が入って、割と好きです。

三島系です。

知り合いのりんごはズバっと玉揃い良く、

恐ろしいほどです。

やっぱ縞が入っているふじは綺麗だ。

いろいろなふじがありますが、味はあまり変わらないです。

科学的には、着色系は美味しくないと言われていますが、

それも栽培する人によって変わるかと。

着色良好だと、普通の収穫日より早く収穫する農家さんがいます。

市場では高く取引され、収入的には良いんですけ、

評判を落とす一方です(;^_^A

今の着色系なんかは特に早く色が入るので、早く収穫する農家が増えそうです。

りんごは赤じゃないんだけどな…

それを受け入れる市場、

それを良しとして買う仲買、

市場が良いなら買うスーパー、

それを信用して買う消費者、

マズイという子供たち。

この負の悪循環、なんとかしたいですね。

着色系ふじはいろいろあります。

が、系統もたくさんです。

まずは系統を揃えるのが一番。

オラは三島系。

こっからはブレない。

よって流行りの着色系もやりません(^O^)

流行っているならばなおさら。

縞のふじが市場から無くなったとき、

縞のふじがきっと欲しがられる。

ないものねだりの日本人。

年内販売は三島でしょー!

って思います。
スポンサーサイト