FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



去年残したこの目の上のたんこぶ。

こぶから癌になりつつある。

っていうか、癌でした。

明日やろうは馬鹿野郎とはよく言ったものです。

暴れたからこの枝達を付けて弱めようとしたのか・・・

新しい主枝を作りたくて育てたのか。

一番枝が生長する場所で

ここまで大きい木だと、どっちにしろ悪影響及ぼすと思います。

内側にはしごを掛けられなかったし、

やっぱり窒素分が多いのか、

良いりんごは実りませんでした。

そして、太りやすいので、切り落とすのも一苦労。

鋸での切るにも、真横、もしくは斜めで切らないといけないし、

高い場所だと長柄の鋸だと力も入らない。

反省として、去年の実すぐりの段階で、

はしごを使って落とせば良かった。

はしごを入れるために、内側の枝は切り落とせば良かった。

もったいないとか言っている場合じゃなかったです。

主枝は更新していくのは利口じゃない。

出来ないわけじゃないけど、やるべきではないな。

落ち着かせる年月があれば、

亜主枝、次亜主枝でコントロールした方が良いと思いました。

次亜主枝という言葉がある時点で、

理想はこれなんですよね。

主枝は更新するもんじゃないって思うんだが・・・。



去年取れば良かった!

と後悔しても後の祭り。

毎年枝は太くなるもんな。

これが最大級だ。



去年はこれでも残した。

花が咲いて、りんごになると、やっぱり落とせなくなる。

欲との戦い。

去年は負けました。

下を切らなくても、この上を落とせば良かった。

ならぬものはならぬ。



格闘すること3分。ようやく落とせた。

スカっと明るくなる枝の下。

いろんな人に、受粉樹だなって言われます(笑)



このメイポールみたいなね(笑)

丸葉の主観にメイポールを接木して、

受粉樹にしている人もいるそうです。



やっぱすげえな。

よく我慢したもんだ。

1ha、8割がこんな木で、

去年は秋まで掛かって半分までは処理したんですが、

今年でようやくなくなります。

あとは生枝の亜主枝、次亜主枝が多いくらいだー( ̄▽ ̄)

これはながーく時間を掛けていくしかない!

今の状態で切りすぎると暴れん坊将軍だしねー。

生枝はよく伸びる。

外に出て行かないと花芽をつけない。

その頃にはとても大きい面積を使う割りには、少ない頂芽数。

その頃には切られて、また頭を悩ませる形に・・・

しつこくしつこく言いたい。

これで就農当時から今の今まで悩まされてる。

フラン病や、請負剪定の時の最終手段だと思うんですが・・・


目指すは反収200箱の園地!

品質ありきで、どれだけ収量を増やせるか(^O^)

スポンサーサイト