FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



硬盤チェックのために穴掘り。

もっと涼しい日と、体調の良いときを選べば良かった。

朝に大紅栄、シナノG摘果。

お父さん達を五所川原の病院まで乗せて行ったあと、

鶴田の下山さんのところへ寄って一服。

いや、何も飲んでもないし、何も食ってはないんだが、

帰る途中に園地があるので寄ったのだ。

オラの目標である抜けるしのべ。

なかなか抜けるもんじゃない。

そんなのは一本もない。

抜ける条件みたいなのを二人で土を見ながら話していました。

下山さんとうちは似ている。

有機物ほとんどなし、

草刈りは粗末(笑)、

川沿いの沖積土壌。

山手の農家よりも、気候も何もかもが近いんだ。

大きい違い。

下山さんの行動力だ。

土に空気を入れるグルースガン、山川プログラム。

聞くだけのオラよりも、

下山さんはこれらを既に実践している。

刺激を受けて、帰ってすぐに穴掘りの準備。



隅っこの方で掘ってみた。

なんか太い生きている根が出てきた。

わかった・・・上のクルミの木の根っこだ!

土手を下がってきて、ここに出たか!

場所を変えて違う場所を。



よくスプレヤーも通るし、木の3m離れた場所。

硬盤・・・よくわからん(´Д` )

思った程硬くないのだ。

ここは10年放任から、苗を植えて7年。

硬盤っていう硬盤はないのか。

最初の頃は草刈りもサボった。

除草剤も撒いた。

最近はしのべの疑問を抱きながら、4から5回程の草刈りだった。




80センチ掘ったところで砂が出た。

明らかにスコップの音がジャリ!ジャリ!

っと変わった。



穴を掘ったらどんでもかんでもピンを差してみた。

底の方はぬるぬると入る。

思ったより柔らかいんだなー。



一応硬盤らしきものを発見。

ここから先が入らなかった。



穴を掘った方も、この変から硬いなーってところと一致。

段々わかってきました。

次は硬い盤の深さだ。これが難しい。



こんなにも硬盤の層があるものなのか・・・?

約25センチくらいの硬盤があった。

これはまだ不確かです。

もっと浅いかもしれんしな。

これから土を採取して、小松菜を植える。



岡さんのこれもやってみたい。

どこまでくらいつけるか。

どこまで自然の不思議まで近づけるのか。

知らないことを知るって面白い。

30分で汗だくになって、

そっから気持ち切り替えて実すぐり。
スポンサーサイト