FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



三日の日。大紅栄。オラのじゃない園地のだ。

ここは最初の頃に剪定を教えてくれた人の園地。

大紅栄を真っ先に導入した人だ。

接木して9年。

オラは大紅栄の弱点?というか、

この果台の長さに気がついた。

師匠の畑もうちも、

この長い果台が多かった。

もしかして花芽の充実具合で違うのか?

大紅栄は、割と花が作りやすい品種なので、

実らせ過ぎって割と多くなるのかな?

ふじだと実らせ過ぎると、

実らなくなったりするけど、

実らせ過ぎるとどんな品種でも、

全般的にまずそうな形のりんごが増える気がする。

それがこれなのかも。

予想ですけど。

師匠は・・・聞いてももわからないみたい(´Д` )

伝わらない。


果台は樹勢が落ちる原因。

少ない方が良い。

枝は伸びれば伸びるほど良い。

大玉最高ー!

みたいなことを教わった二年間。

今思うと、ヤバイ・・・(−_−;)





結局なってはいけない樹形、

先にしか枝がない樹形になってしまう。

就農3年目辺りからは、

言っていることが全く理解出来なくなった。

矛盾に気がつきました。

果実が実った後の果台枝でなり枝を作っていかないと、

枝が太っていく一方で、

枝は伸びていき、空間を埋めてしまい、全く収量の上がらない、

品質の悪いりんごばっかりの樹形の完成となる。

実るりんごは大玉だけど、

形は悪く、美味しくないりんごばかりだったと思う。



結局は収量が上がらないから、

実らせちゃいけない、

本来なら来年実らせる場所にも実らせて、

来年の品質を落とし、

マズイりんごを収穫し続ける負のスパイラルに陥る。

ということかな?って思ってたが、これは予想通りだったみたいだ。



とにかく今は枝を伸ばして、枝量を増やしたんだが、

多すぎた(笑)

先日園地を見に来た農家仲間達に、

土下座してるぞーって言われた(*_*)

恥ずかしい!

そこは改植する園地だって説明したけど、

あとから自分で行って実すぐりしてみたが、

窮屈でハシゴが入らない(*_*)

お日様も入らない。

ぎょえええー(´Д` )

って感じで、今は恥ずかしい気持ちでいっぱい。

本当に。

へったくそだー(*_*)



草刈りをしていると、

そんな負のことばっかり考えててしまう。

しかもこんなに枝が土下座するもんだから、

草刈りも下枝は全く刈れない。

マジですよ?

お母さんに今日言われたのが、

草を刈ってるの?育ててるの?って(笑)

あと、草刈りの面積が3ヘクタールを超えたため、

一日では刈りきれなくなって、

急いだっていうのもあります。

リースで草刈りを借りる限界。

来年はまた面積が減るので、

リースでも大丈夫かな。

来年は30の年。

やること、やらないことはスパっと決めます。

お父さんはアテにしないでも出来るように、考えてたんだが、

一年遅かったな(´Д` )

その間にも嫁さんに栽培技術を教えておきたい。

おらがいつリタイアしても良いように。

いつ死んでも、家族が苦労なく暮らせるのが俺の目標って、

横浜の会社の社長が言ってた。

理想ではあるけど、

経営者である以上は、理想を目指すべきだ。

ちなみに草刈りをしている写真は、

隣の空き地だ。

スプレヤーを通らせてもらってるので、

刈りました。

お隣さん、去年まではちゃんと刈ってたんだがなー。




ブログを更新していない間、忙しかった。

まずは東京に行ってました。

全国青年農業者クラブ連絡協議会通常総会に参加してきました。

今年度から事務局次長に就任。

4Hクラブを束ねる全国の役員ってことだ。

でも、ヒラの役員だけどね(笑)

本当は東北ブロック理事を経験してから、

事務局次長なんだが、飛び級らしい。

みんなから「期待してます!」

って言われたけど、

4Hクラブの活動は3年しか経験がないんだ。

だから、イマイチピンときていないんだよね(´Д` )

あの過度の期待は、前評判をオーバーにした前会長と、

青森県の元事務局次長のせいだ(´Д` )

その役をOK出してからすぐにお父さんが脳梗塞になったから、

実際はちょっと厳しいんだよね。

でも、家で出来る仕事や、

インターネットでのSkype会議だから、

他の飲み会だけ多い会よりは圧倒的にリーズナブル。

そして、いろんな会にいるけど、

4Hクラブって、以外と自分には合ってるんだなーって思った。

今まですごくつまんなくて、

飲みだけで、金が掛かるって思ってたんだけど、

自分で動けるようになったら、

めちゃくちゃ面白いんだよね。

つまらなかったら、面白くすりゃー良いんだ!って思ってからは、

常識の範囲、いや、超えた範囲でも楽しませてもらってます(^_^)

面白いって思ってくれたら、

後輩達は勝手に来てくれる。

それプラス、ちょこっと真面目な部分を噛み砕いていけば多分良いんだ。

その方が頭に入るだろう。

真面目と不真面目さの融合ってところか。

でも、県の管轄、農水省の管轄でもあるから、

迂闊に変なことは出来なくなる。

セクハラとか、使っているものは税金だ!っていう考えがまだ慣れてない。

税金はほとんどないけど、

プリンターとかいろいろ借りたりするからね。

なんかやらかしそーで怖いなー(笑)

オラは真面目な不真面目さで、後輩達が楽しいな!って思って、

ちょっとの真面目な部分を知りたいって思うきっかけ作り、

橋渡しになれれば。

そして自分のめごこを作れば良いらしい。

めごこっていうのは、

可愛がってるヤツってこと。

自分の代わりになりそうなヤツだ。

今までそんな発想はなかった。

後輩はみんな平等くらいに思ってたからだ。

先輩方はそれが出来なかった。

めごこを作れず、

引退間際に付き合いの浅いオラを上に送り込んだようだ。

おせえって(笑)そしてオラはそんなでもないぞー?(笑)

オラに出来るかは、これからのオラ次第かー(^_^)

メリットはないけど、お世話になった先輩方が、

評価してくれたこの役を、一生懸命やります。

自分の評価は人が決める。

きっと適任だから任されたんだ。

って思いたい。



一緒に全国の総会に参加した鶴田のながみー。

同じくらいに就農して、4Hにも参加。

技術も知識もオラ以上。

行動や考え方にメリハリがあって、

ウマが合ってます。

本当はオラなんかよりも適任なんだけど、

地元の会長や、その前は県連の会長なんかで、忙しい。

時期が悪かったんだ。

時期が良かったら、オラじゃなく、

確実にながみーが全国の役員になってたはず。

引き継ぎの間に誰もいなかったのが痛い。

オイラの次は、自分の中で決まってます(^o^)

彼なら出来るっていう適任がいる!

ちなみに役員にメリットはありません(^o^)

多分そのメリットは人それぞれ。

自分でメリットを見つけられる人が適任だ。

スポンサーサイト