fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



年下だけど、就農同期のうちの一番すぐり手伝い。

援農ではなく、交換農作業だ。

手伝いに行くから、手伝いに来てくれっていうもの。

自分のところは自分でが基本だけど、

こういう例外や融通の効かないのも、

同じ地域で農業をやる友人として、

仲間としてどうだろうと思うので、

やりに行きました。


ここは春に若い農家達で剪定した園地。

結果が見えてくる。

が、剪定と摘果、管理で全く別物になるので、

この結果が良いか悪いかは、誰が悪いとかとは言えない。

見ての通り、この園地の弱点は、排水だ。



長靴じゃないとずぶ濡れになるレベル。

オラはサンダルでした(−_−;)

お日様の熱で、水たまりが熱かった。

りんごの苗木も煮えてしまう。



苗木の脇を管理機で掘って、土寄せした模様。

でも、水を流すところがないから、流れない。

しかし水位が高い。

土の中でもこの高さで水があると思って良いだろう。

なんか頑張っている後輩を見ると、

何か知恵を出したいんだけど、

暗渠に関しては全くの無知でやったことがないので、

アドバイスもできない。

ちなみに排水不良だと根腐れが起きて、

りんごの木は弱り、

必然的にりんごの品質も悪くなります。

弘前の借りている元田んぼだったところもこんな感じ。

薬代や作業する時間が無駄だと感じるくらい収量が悪い。

暗渠やって、苗木植えて、ってやる体力はないぜよ・・・

早生ふじ、つがるがあるけど、

来年は申し訳ないけど、借りたくないなぁ・・・

見抜けなかった自分が悔しい。

けれど、オラはもう同じ失敗はしないだろう( ̄^ ̄)ゞ

水はけ、超大事です。
スポンサーサイト