fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



自分が愛して止まないりんご、「花嫁」

栽培し始めて4年。

2010年4月。

4年後の完成を目指すと宣言して、

ようやく納得した花嫁を育てることが出来ました。

まだまだ伸び代はあるけど。



ねぶたをFacebookで投稿した時、

Facebookで弘前市内のパティシエの蟻塚さんを紹介して頂きました。

嫁さんが行ってみたいって言ってたケーキ屋さんで、

その方が珍しいりんごを使ってみたいということで、

ねぶた、マッキントッシュ(旭)、花嫁を持って行きました。

お代は結構。

なぜなら、利害が一致したから。

りんごの可能性を知りたいオラと、

りんごをもっと知って、美味しいケーキを作りたい蟻塚さん。

りんごを無償で提供する代わりに、

花嫁のりんごで、アップルパイを焼いて頂いて欲しいとお願いしました。

それで納得してもらい、ワクワクして待つことに。

アップルパイ一個か二個くらいだろうと思っていました。

火曜日に完成して、取りにいくと、袋が三つ。

え?

16個くらいありました(´Д` )

なんというか・・・・

どう考えてもこっちの方がお金を払わないといけないようなレベル(^_^;)



どうやら果肉が柔らかく、煮崩れしたそうな。

しかし、めちゃくちゃ美味い(´Д` )

酸味もあり、立派な一つのお菓子になっていました。

あの盛岡で4年前に食べた、

膝をつくくらい酸っぱかったりんご。

こんなに美味しくなるんだな。

苗木を接木して、二年目に全く枝が伸びなかったり。

ネズミに皮を食われたり、

雪害で折れたり。

草取りも手でマメにやったなー。

長いようであっという間の4年間だった。

泣いたぜ。


ようやく試作を出来るまでになりました。

来年は改植のため、木を切るので、苗木に実れば実るかな。

3年後には、5箱を目指して接木をします。

5年で一つの品種がなんとなくわかる。

じゃああと50年やったら、10回しか出来ないんだな(´・_・`)

なんかもっともっといろんなことにチャレンジしたいんだがな。

でも今は花嫁、あなたをしっかりモノにしたい。

このりんごじゃないといけない理由を見つけたいです。

蟻塚さんには感謝です。ありがとうございます。

こっから花嫁の第二章だ!

りんごの花言葉、選ばれた恋の歯車が回り出す。



スポンサーサイト