FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



千雪収穫。

りんごには果実の表面に果点というものがあるのですが、

ボツボツが大きいのです。

このりんごの大きな特徴は、

なんと言っても





味だろー(笑)

切っても断面の色が変わらないっていうのは、二の次。

味がとにかく良い。

さすが金星の子供。

赤い金星だと思って頂けると良いのかも。

色の変わらないってのも、なかなかないけれど・・・

でもやっぱり美味い!

って、りんご農家の間でも話題です。

長持ちしないっていう弱点もあるけど、

今のところ気になるもんじゃないなー。

匂いもあるし、今の季節に割り込んできた、面白いりんごです。




キングオブアップル、むつ。

りんごの中で一番収量があがる品種です。

スーパーに並ぶのは、

ピンク色のむつが多いですよね。

それは袋を掛けて栽培した、有袋のむつ。

こちらはサンむつ。

無袋栽培だ。

酸味があり、程よい甘み。

もぎたてはスカッとする味だ。

こちらは生理落果があるので、落果防止剤が必要なのかなー。

本腰を入れて、まだ栽培していません。

2箱収穫。

サンむつ単品のジュースは美味いんです。

ブレンドにも使われるけど、

完熟サンむつオンリーのジュースはなかなかない。

ジュース工場で仕事をしてた時に飲んだけど、

ホットならスターキング、冷たいのならサンむつだったなー。




様々な品種が生まれて、消えて、

幻のりんごと呼ばれて行く。

花嫁も、幻のりんごとして世に出したかったが、

幻が多すぎる(笑)

幻のりんごが多い中では、

本当の幻を語っても、信憑性が薄くなる。

伝説でもなく、幻でもなく。

花嫁はもう手の中にある。

自分の手で非日常にしなくても良い。

オラはオラの日常でいようと思う。

非日常を自分で作ると、

それは自己満足の酔っ払いなんだよね。

自分の日常が、誰かにとっての非日常であるにところに、

面白さが見え隠れするんでしょう。

だから、花嫁は、花嫁なのです。

幻でもなく、普通にうちで栽培している品種なのだ。

実際ある。

幻と言えば聞こえは良くなる。

もはや紅玉ですら幻だ(笑)

お客さんにとっては幻なんだろう。

懐かしさを求めて、りんご屋さんが買い付けた、

そんな幻のりんごを食べても、

それこそ幻。

幻のりんごのレビューが、星3つ・・・

誰も得をしないから、ある意味幻のりんごになってしまいますね(´Д` )
スポンサーサイト