FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



伝説の技を覚えるため、岩木の鍛冶屋さんの門を叩きました。

刃を研いでるだけだから、鍛冶屋ではないのか(´Д` )


あ、でも弟子入りとかそんなんじゃないんで。

鋏の砥ぎ方を覚えに。

素晴らしかった。


一丁、先輩が自分で砥いだのを見せると、

どこがダメだか教えてくれました。

見ただけで、どうなっているかがわかるようです。

職人なんですね(´Д` )

光の当て方らしい。

ここが曇って見えるだろ!

って。

さらには刃先がギザギザだろ!

とか。

すんげえ。


りんごの微妙な変化に、気がつく訳がないと思ってた就農当時。

今では少ないですが、いろいろな違いに気がつくこともあります。

一生気がつかないことも、ヒントというか答え丸暗記のように聞いて、

違いがわかるようになったことも。

職人もあのレベルになるとスゴイ。

いろんな先輩農家さんが、ここで鋏の砥ぎ方を覚えてらっしゃるようです。

写真を見ただけで、あ!って思う方もいるかも知れませんね。

お前にはまだ早いと思われるかも…。


本業がノコギリの刃を研ぐ方らしい。

が、鋏の砥ぎ方も素晴らしいらしく、

鋏の砥ぎ方を教えて頂く方が後を絶たない。

本業の手打ちの鋸を一丁でも持っていれば、一人でも来やすいんですけどね(´Д` )

使えるだけの技術と財力がありません(´Д` )

使えば一発で折りそうで怖い…。

一緒に来るかー?って誘われたので行っただけです(^_^;)

先輩が砥いだ鋏を、説明しながら研ぐ。

すると、そこまで音が鳴るか?ってくらい鳴る。

ギュギュギュギューっと鳴く。

持っている鋏、清水一國のスペシャルと、

普通のを見せると、

よく作ってもらったなーって言われました。

どうやらレアなんだとか(´Д` )

特に硬い鋼のスペシャルの方。

すぐに作って貰えるって運が良かったんだと。

職人同士、行き来しているらしく、

一昨日も行ってたよー!これスゴく良い鋏なんだ!って。

宝の持ち腐れにならないようにしなくちゃな(^_^;)


鋸の目を砥いでいると、焦点が鋸の目用になるらしく、

すぐだと鋏が見えにくいみたい。

そんな世界に住んでいて、

うちら農家がどんなに頑張っても、

簡単に追いつけられないんだなと感じました。

開口一言目のその言葉で、

これは住む世界が違う、見ている世界が違う人だと思いました。
スポンサーサイト