FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



昼間に電話が来て、飲もうやと嫁さんから誘われました。

ずっと嫁のところにも帰ってなかったし、

会議も終わっていたので、快く承諾。

温泉行って、嫁の職場付近へ。

駐車場でまた寝た。

頭はスッキリしたけど、

眠いのは治らない。。。

やりたいことをやるって決めたんだから、

眠いと思ったら寝る。

軽トラで器用に横になりました。

一時間くらい眠れて、嫁と合流。

睡眠の質が悪いと叱られ、飲む予定を変更してもらい、

モツ!

モツ食いたいとダダをこねました。

先週同級生と行ったモツ屋が、馬のレバ刺しを出す店で、

嫁を連れて行きたかった。




ホルモンを焼く嫁(´Д` )

同級生と来た時は、一切カルビなどは焼かなかった。

ずっとホルモン。

狂ってるよな、オラ達(´Д` )

嫁は一応カルビも好きなので、カルビを頼んでたけど。

オイラはホルモンに狂っています。



その後は予定通り、ドテリアという結婚式の二次会をお願いしたお店へお礼参り。

生まれて初めて自分で日本酒を頼みました。

三三九度で日本酒に目覚め、

二次会に持ち込まれた黒牛というお酒で覚醒。

注がれる度に飲み干しました(´Д` )

酒弱いのにね…。

日本酒が飲みやすく感じました。

…じっちゃんに似てきたのかな。

吐くわけでもなく、とにかく飲めた!

嫁といろんな話をする。

眠いことも、今考えていることも。

答えが出るわけじゃないけど、

今自分が悩んでいることを、共有したい。

あと、自分じゃわからないことでも、

嫁なら解決出来るんじゃないかっていう期待。

次に、うちに手伝いに来てくれた先輩方と行ったBARで飲み、

スイーツBARに行ってケーキと酒を飲み、

代行で帰宅。

豪遊したなー(´Д` )

次の日。

また10時間寝る。

最高だぜ、全く。



2日から東京に長期滞在するので、その準備のために青森市へ。

ワイシャツ買って、A-FACTORYのガレット屋さんへ。

ここの店長は同い年で、小学6年の時に転校した同級生と友達らしく、

なんか親近感が湧いてよく来ています。

あと、うちのジャガイモや、毛豆を卸していて、

それを料理にしてくれたりで、

農家とシェフの間柄でもある店です。

なんだかおしゃれなお店に卸せて嬉しいですね(^_^;)

うちのねぶたというりんごも積極的に扱ってくれて、

りんごの新しい価値を提供してくれます。

こちらの意図を理解してくれると嬉しいです。

オラは料理の腕はないし、

何が出来るのか全くわからないけど、

それを形にしてくれるのは、すごくありがたい。

他の業者にも提供しやすいです。



生のレモン、イチゴを使ったスイーツ。

生の濃厚さと瑞々しさって、独特でわかるんです。

加工品じゃない感じ。

素材を活かした手作り感が、この店の売りです。

シーズンによってメニューは変わり、週でも変えてくる。

旬よりももっと短い、一瞬を切り取っているような気がします。

もっとスポットが当たって欲しい青森の同年代の1人です。



雪中にんじんのスープ。

これが一番感動したなー。

ここの県産野菜のスープ、すこぶる美味い(´Д` )

原材料の単価は高いはずなのに、値段が安い。

青森の魅力が発信されるスープです。

前は毛豆のスープを飲んだなー。

あれも原価がめちゃくちゃだったはず。

腕とアイディア料が入っていないのかね(;´Д`A

一度は食べて欲しい一品です。

加工品も多く並んでいるので、農家の方にもオススメです。

今どんなのが人気なのか、

青森のモノは売れているのか、

このガレット屋さんから高みの見物をしてみてください。


駅前のアウガに行ったら、

中のお店がまた少なくなってる(;´Д`A

車移動が多い青森県内、駐車場の料金を取られるようなお店は、なかなか入りません。

そりゃ駅前は廃れていきますわ(;´Д`A

なんで駅前の利便性を活かさないのか、いつも謎に思う。

例えば、市役所とか、職安とかって入れないものなのかな?

駅前に一番あって欲しい物だと思う。

バス一本、駅前に出せば良いんだもの。

一箇所集中ってダメなのかな?

まー、りんご園の一箇所集中も、

雹が怖いから出来ないけれど。

これからますます高齢化だし、

一箇所集中の街の整備をして欲しい。

もちろんそれはお金が絡むけど、

強い町作りにもなると思う。


そんな政治的なことは、政治家の仕事。

そこで偶然会ったのは、漆塗りの松山さん。

津軽塗の体験型のイベントをよくやっている方だ。

おいらも異業種の知り合いが多い方の農家だけど、

この方も異業種の知り合いが多い職人さんだ。

あおもりマルシェや、クラフト小径にも出店していて、

一番近しいクラフト職人さん。

そこで最近の悩みを聞いてもらった。

イベントで人を集める方法。

10分くらい話したかなー。

そこで閃いたのが、個が強くなる方法。

芸能人って、その人の魅力や価値に人が集まる訳だ。

その人の個の強さだと思います。

そんな農家がいれば、どんなイベントでもお客さんは来ますわな。

エグザイルがヒロロに来た時は、外に渋滞が出来たんだもの。

これが個の強さだと思います。

この個の強さってどうすれば高められるんだ?

例えば有名な剪定士の剪定には、

興味のある人がゴッソリ集まり、真剣に見ます。

これも個の強さ。魅力と言ってもいいかもしれない。

その前に、客層があるのか。

不特定多数程難しい。

客層を絞る程、PRが楽なんだろうね。

電話一本、チラシ一枚。

宣伝方法でも大事だけど、

個の強さ、魅力というのが、一つのキーワードにもなることが、

頭の中に閃きました。

異業種の知り合いがいると、いろんな知恵や閃きを頂けます。

何でも出来る気がする。
スポンサーサイト