FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



青森県の4Hクラブの監査がありました。

会長、幹事三名、副会長二名、事務局長。

あと担当の県庁の職員。

自分は今のところ副会長を務めさせて頂いております。

県の行事には過去に二回参加。

そこから副会長になったため、勝手が全くわからず、

お金の動きに気がつくのが遅かった。

いっつも冗談を言う立場ですが、

今回は突っ込んだ質問をしました。

うちら青森県連は、ほぼ会費での運営をしていまして、

県から補助金というのはないのです。

その代わり、若手リーダー育成のための交通費や研修費は、

申請して、許可が下りるともらうことができます。

会長が全国の会長会議に参加したりする旅費や、

講演の謝礼金ですね。


会費の他、他の県は数十万円を県からもらって、

これを会長の旅費や研修費に使ってね。

というもの。

羨ましいやら、逆にシビアなのか…

他の県が青森の総会資料を見ると、ビックリするという話を聞きました。


その県のお金をいくら使っていて、上限がいくらかっていうのを、

今までは気にしていなかったようで、そこの開示を今回の監査で求めました。

オラは突然やってきた、新しい風です(´Д` )

面倒なことを聞く輩だと思われるかもなぁ…


でも、もしかするともっと使えるのかも知れないし、

使いすぎているのかも知れません。

もっと上手い使い方があるのかも知れないしね。

使えるならば、ガンガン県外の風に触れて欲しい。

人への投資って、結果が見えにくい上に、結果が出にくい…。

人材育成ほど大事なものはないのだけれど、

人材育成ほど難しいものはない。

最後は人だ。



帰り道は渋滞。

久しぶりの大雪で、青森からの帰りに二時間も掛かった。

仕事したいのになぁ(´Д` )

車で1人考えていました。


りんごでお金を稼いでいる。

時には直接説明して販売します。

この前の全国大会に行った時に、

前の会長に去年の美味しい寺子屋の講演の上手さを褒められました。

見た中で一番だったと。

2班に分かれていたから、もっと上手い人はいたかもだけど。

これは販売の経験が生かされたんだなと思う。

それと、このブログのおかげかな。

いつの間にか、一般の消費者に対して、

ここまでなら言っても伝わるとか、

この先を説明すれば長くなって、理解不能だろうとか、

気がつけるようになったのかも。

このブログは消費者よりも同業者向けですけど。

30歳手前で、まさかの自分の出来ることが一つ増えたのだ。

りんごを説明することが出来るということ。

美味しさだったり、選び方だったり、育つ過程だったり。

多分もっと磨きを掛けられる。

もしもそういう他の作物の農家が集まって、

いろんな作物についての講演ができないかな。

それが農塾とか、美味しい寺子屋なんだけど、

独立した形でやってみたい。

お金を頂けるレベルになりたい。

今までの農家にないスタイルではある。

経営とかの講演ではなく、本当の農家が、本当に美味しい農作物の見方を教える場。

伝えるという仕事も、もしかしたら出来るのかもしれない。
スポンサーサイト