FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



友人から穂木を譲って欲しいとお願いがありました。

かなり多品種な我が家だから、ほとんどの品種はある。


どうやらある品種がもう品切れだそうだ。

品切れ...

つまりこれから増やそうとしている農家がいるってことだ。

ということは、ある程度量が増えるということでもある。

ある程度量が増えると、良いこともある。

それは、消費者の認知度が高くなるのだ。

高くなって美味しいと、需要の方が高くなり、

供給できなくなり、市場では高値になる。

しかし、果樹の場合はここからが問題。

年々そのバランスに追いつくのだ。

そして供給過多になり、安くなる。

何より大事なのは、品種の情報だ。

話で聞いたよりも、長持ちしないっていうコトもあるらしい。

りんごの日持ち具合って、最重要ポイントだと思う。

まず、蜜が入る品種で、長持ちするというのは、まずありえない。


福島で食べさせて頂いたこうみつは、

なんであんなシャキシャキだったのか謎ではあるが…


これから黄色い品種は、ぐんま名月

でもなく、

うちではシナノゴールド推しで行こうと思う。

方針上多品種ゆえに、名月も一応置くが、今の所雑品種扱い。

王林も考えてるけど、悩みどころ。

収穫時期は被る。

更に極晩生として、こうこうを予定。

来年は弘前大学の成木を見てみたい。

枝の伸び方を見てみたいです。

それから増やすかどうか…

11月シナノゴールド、王林、こうこう、ぐんま名月

予備のはるか、星の金貨…かな。


12月のお歳暮時期に、どこでも出来ない詰め合わせを作ってみようと思うのだ。

3キロに8個入り、全部品種が違う食べ比べセット。

昨年は地元の高校の家庭科の先生に、とにかく多品種を持って行きました。

自分でやってみたけど、圧巻でした。

誰にも出来ないこと、小さいから出来ること。

小さくて強いを作る方法は、誰にも出来ないことをすることだと思う。

強み…になるのかな?

誰でも出来ることなんですけど、

「誰もやらないこと」なんですよね。

誰でも出来るんだけど、誰もやらないことは、強みになるのか。

時にはハズレることもあるだろうけど。

しかし、これにはいろいろな問題がある。

誰が発送するのかだ。

スペースも必要だし、時間も必要。

誰もやらないんじゃなくて、誰も出来ないのだ。

ここが多品種セットの難点。

うちの今の小屋では出来ない。

いろいろ冷静に考えてるけど、今のままじゃ出来ないね。


頭の中にはもう描いているスペシャル品種が、

コース料理のようにあるんだけどな。

10年近く掛けてたら遅いよな…。


とにかく今年は改植に専念。

ふじを早生、中生種に改植です。

さらに残っているふじを王林、シナノゴールドに接ぎ木。

一挙更新だ。


そのりんごを待っている間、

数年は「花嫁」の販路と販売戦略だろうな。

着実に軌道に乗せてやる。

りんごを見たし、食べた。

ようやくだろう。

石橋を叩くにも程があるけど、叩かないで失敗したくない。

あと、面積も無く、加工に特化したりんごも出来ないだろう。


「選ばれた恋」の花言葉を定着させられれば、

りんご産業は国内でももっと飛躍するはず。

その起爆剤に「花嫁」がなればいい。

誰も食べたことのないりんご、「花嫁」

りんごを日本の文化に根付かせたい。

一人じゃ出来ないけど、協力者はきっといる。

きっと出来る。

花嫁、ようやく本格始動です!

スポンサーサイト