FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



お試し植え替え実行!

7年生のシナノゴールドを植え替えしました。

沼の園地、最近の洪水でまたもや泥が(´Д` )

もう嫌だぜ…

っても、植えたのは自分。

リスクを考えなかった自分の責任です。

とりあえずもったいない品種を移動させようと思っています。

それからまた苗木を植えます。

苗木でりんごが採れるまでってば、4年後。

4年後まで水害が来ても、ゴミ拾いだけで良い(´Д` )

8年後、また植え替えさせるつもりです。

苗木圃場のような感覚。

園地を寝せるにはもったいないけど、

りんごを採り続ける園地にしてはリスクがある…。

今水害のない園地は2ha

元は水害のない園地は50aしかなかったのだ。

今までは面積が少なすぎて、園地を選ぶこともなく借りなくちゃダメだったけど、

これからは面積が確保できたから、今までできなかった品種構成に力を入れます。



しかし大きい若木∑(゚Д゚)

重くて二人でも持ち上げるのは厳しい。

切り刻んでから運ぶと、木の貯蔵養分が足りなくなり、

木が死んでしまうらしい。

根っこが生きていれば良いっていうもんでもないみたいです。



8m間隔で植えていくことにしています。

樹間は広い方が良いと思っています。

面積は増やすけど、樹間も広げる。

メリットとしては、隣の木との間隔が広いので、

枝を伸ばしたいところまで伸ばせること。

6mやそれ以下で植えているところもありますが、

剪定で誤魔化そうとして、

りんごの品質が悪くなったりします。

それがエンドレス…なかなか難しいです。

デメリットは、空間が勿体無く、収量がなかなか上がらないこと。

そして、もしも伐採した時に一気に収量が減る。

大きくなる丸葉栽培の弱点でもあります。

わい化栽培は収量が上がるし、品種の回転が早くできます。

丸葉栽培も、接ぎ木の仕方では、その回転を早く出来るかも。

だがしかし、接ぎ木でも樹間だけは変えられません。

だから大事なのだ、樹間。

すぐ近くにあるのは「ふじ」だけど、

今年りんごを収穫して、来年伐採する予定です。

苗木優先。

りんごの木に欲深くならない。

面積はある、もったいなくない。

そのような考えを持たないと、

理想の園地は作ることはできないと思っています。

ようやく出来る。

ようやく。

剪定している横で母親が、「目標が達成出来そうだねー」と言ってくれた。

隣の園地が欲しい、隣の園地があれば1haだ

高杉1ha、板柳1haあるなら、水害のあるところを辞めたい

その愚痴を覚えてたみたいだ。

遂にだな!と二人でニヤリ。

二人で70aのフラン病畑から始まって9年。

まだまだこっからです!!

スポンサーサイト