FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



一箇所剪定が終わり、

次は改植準備のため、改植する園地で育ててた苗木を移動させました。

台木を買ってきて、接ぎ木をして育てていました。

生存率が低いですが…(;´Д`A

沼の園地の苗木はちゃーんと大きく出来たんだがなぁ…

植え替えする時は、その園地で育てることをオススメします。

そして比較的入り口付近に植えること。

運び出すことになっても良いように…。

4年程であればユンボ無しで、スコップでも可能ですね。

そして次の年りんごを実らせられる。

ネズミの巣にしないように気をつけましょう。




こちらは紅玉。4本程作ってあります。

来年実りますよー。

そんなに紅玉は力を入れるつもりはありません。

が、無ければ無いでいろいろとあります。



高杉の園地は黒土。

その下はボロボロと崩れるような、黄色い土。

水捌けが良さそうです。

水捌けが良いと良いのか。

良いですね(´Д` )

りんごの肥大はしにくくなりますが、

排水が悪いよりはずっとマシ。



こちらは自慢の高台接ぎ。

丸葉栽培の場合は、基本はこの高台接ぎで苗木を作っています。

この台木の高さがポイントで、大体50センチ程あります。

この高さが高い程、わい化します。

花芽はつきやすいし、木が大きくなりにくいのです。

もしも低いところで接ぎ木をすると、

植えた時に品種の部分まで植えなければならなくなります。

そうすると品種の部分からも根が出てきて、

樹勢が強くなり、根が丸葉だけの場合よりも大きくなります。

樹勢のコントロールは、やはり弱い方が扱いやすい。

良いりんごがとりやすいと思います。

丸葉を植える方は、ぜひ高台接ぎをオススメします!
スポンサーサイト