FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



こうみつ、良い感じに結実。

ツルが上に力強く伸びてると、結実の証。

ヘニャヘニャだと結実してないかも。

カラマツが怖いので、そんな時はノータッチだ。

結実してるけど、まだまだこれから実らせる枝を作らなければならない。

なので、この結実してるりんごのほとんどは、

生枝からでている、充実していない花芽のりんごだと思います。

花を見ると、遅くに咲いているのも多い。

遅くに咲いた花は、良いりんごではありません。

どの品種でもそう。

理想は今の時期に、遅く咲く花を取ってしまうこと。

っても、それは現実的には難しい。

蕾で落とせると、一番楽なんですけどね。



強くなっているところもあるけど、それもまた一興。

弱いところも出来てくる。

そしてこうみつは紅玉の子供でもあるので、新梢にも花がつきやすいようです。

弱りやすいのかなー。

枝っぷりはスターキング。

果台が長いところも、スターキングらしいっちゃーらしい。



こちら、高台接ぎをしたこうみつの苗木。

二年木で、今年定植しました。

高台接ぎというのは、

台木を長く取って、植えるときも、土の上に台木を出すやり方。

こうすることによって、台木が短い木よりは、

若干弱めに育ちます。

利点として、

花芽が付きやすいので、早期に収穫出来る。

木がコンパクトになるので、扱いやすい。

弱点としては…接ぎ木しにくい。

細っこい枝先に接ぎ木するんだから、結構大変です。

それくらいかなぁ…。今のところはそんなもんで済んでます。


6m植えでも良かったのかもしれないけど、

広くとりたいので7m植えです。

大きくする気になれば、いつでも大きく出来るでしょう。

3本はネズミにカバーの上をかじられて、切り戻し。

再来年定植させます。

4本は接ぎ木ミスのようで、また台木からやり直し。

苗木作りも徹底しないと時間の無駄だなぁ。

でも買えば2000円以上だから、

それを考えると安いもんですね。

台木はいくらでも増やせるし( ̄▽ ̄)


こうみつの木の目標は10本。

とりあえず10本でお試し栽培。

樹間がそろっている場所は接ぎ木でも良いけど、

もう樹間が限界なところは、もう一度整列し直すつもりで、

苗木を植えて行きます。

来年はまた結構実るべなー。

なんだかんだで3年でりんごがまともに見れるようになる一挙更新。

ちなみにこのこうみつは長穂接ぎ木ではない。

長穂接ぎだと2年でりんごが見れる。

樹間がしっかり取れている園地では、かなりお勧め。

一本置きに接ぎ木すれば、三年でとりあえずりんごを収穫出来るんだもの。

借りる畑がふじばっかりなんだから、

早く自園を黄色品種や省力品種に変えて行くのも一つの手です。

10年で見れば、サンふじに比べて、王林の収益は素晴らしいもんだ。

これからのりんご、さてどうなるものか…。
スポンサーサイト